神奈川大学

  • 2,694人が検討中

計算機科学科
2023年4月開設

神奈川

情報処理の基礎を理解し、情報技術の変化に長期的に通用するコンピュータサイエンスの知識と技能を修得

募集人数 80
初年度納入金 162.33 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

神奈川大学 情報学部 計算機科学科の特長

世界標準のカリキュラム

情報と計算の基礎を修得して、情報処理を科学的に理解していきます。米国のコンピュータ関連学会ACMとIEEEによる世界標準の情報教育カリキュラムであるCS2013(Computer Science Curricula 2013)に準じたカリキュラムが組まれています。情報学の基礎となる計算機科学をしっかりと身につけることができます。

CS2013とは

米国のコンピュータ関連学会ACM(Association for Computing Machinery)とIEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineers)によって提示された情報科学技術5分野(計算機科学、計算機工学、情報システム、情報技術、ソフトウェア工学)の専門教育課程のガイドラインのひとつで、国際的に広く認められています。

田中賢研究室/テーマはネットワークセキュリティ、言語獲得、計算論、機械学習など

インターネットから危険なデータを受け取らないようにする(パケットフィルタリング)、言葉を習得するメカニズムの解明(言語獲得)、膨大なデータから一定のパターンを見つけ出し、将来を予測する(機械学習)など。さまざまな「問い」に対してアルゴリズムを考えて解いています。

情報学部/理学部と工学部の情報分野が融合

現在の理学部情報科学科と、工学部情報システム創成学科を母体に、2023年4月、新たに「情報学部」を設置します。2つの学部が融合することで、理工学の垣根を超えた多様な視点から情報技術を活用した問題解決策を提案し、国際化にも対応できる素養を備えた人材の育成を目指します。

計算機科学の知識を基盤に、論理的思考力を養う

計算機科学科では、情報処理の基礎を理解することで、情報技術のめまぐるしい変化に右往左往することなく長期的に通用する知識と技能を修得していきます。1・2年次は、情報数学科目、コンピュータ基礎科目、プログラミング科目やこれらの演習科目を必修科目として、計算機科学の基礎教育を重点的に行います。

時代に対応できる柔軟性を持った人材を育成

3・4年次は計算機科学科それぞれの専門分野の選択科目を履修していきます。最終的には、計算機科学の普遍的かつ理論的な基礎と幅広い基盤的知識を修得していくことを教育目標としています。どのような時代にも対応できる柔軟性を持ったプログラマーやネットワークエンジニアなど、幅広い分野で活躍できる人材を育成します。

神奈川大学 情報学部 計算機科学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:富士通ゼネラル、日立ソリューションズ、パナソニックソリューションテクノロジー、TDK、富士ソフト、日本総研情報サービス、綜合警備保障、NECソリューションイノベータ、CIJ、ドコモ・システムズ、サイバーコム横浜本社、コムシス、ヤマト運輸、ドコモ・テクノロジ、NTTデータ・フィナンシャルコア

神奈川大学 情報学部 計算機科学科の問合せ先

神奈川大学 情報学部 計算機科学科お問い合わせはこちらへ

〒221-8624 神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-26-1
入試センター TEL:045-481-5857

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。