法学部

東京

1年次から始まる少人数演習で論理的思考力を学び、公務員や企業人として活躍する


学科・コース名 募集人数
法律学科 240

成城大学 法学部の特長

法律学科

本学科のカリキュラムはBack to the Basicsの理念に基づいて「基礎から応用への段階的学習」を徹底し、1・2年次に法律学の基本的な科目である「憲法」「民法」「刑法」について学びます。 3・4年次には進路別に分かれた4つのコース(「法曹コース」「企業と法コース」「公共政策コース」「国際社会と法コース」)から、進路・関心に合わせた多彩な講座が履修できます。さらに、環境法、知的財産法、消費者法など、近年需要が高まっている法律に関する講座も多数開講しています。
【コース紹介】
◆法曹コース 法科大学院に進学し、裁判官、検察官、弁護士を目指します。また司法書士などの資格を取得し、法律の専門家を目指します。
◆企業と法コース 企業活動によって起こる様々な問題に法的な知識を持って対処できる人材を育成。会社法や労働法、国際取引法など、幅広い知識を習得します。
◆公共政策コース 行政をめぐる諸制度を扱い、国内や先進諸国の行政・各種政策を学習。公共政策の形成に携わる人材を育成します。
◆国際社会と法コース 国際的な企業活動や外交政策に関心を持つ人を対象に、国境を越える活動を規律する法制度や諸外国の法制度について学習します。

少人数教育

1年次から4年次まで、一貫して開講される少人数制の「演習」が本学部の特長です。 1年次には「基本書演習」で憲法、民法、刑法について、担当教員と一緒に基本書を読みこなしていきます。2年次に開講される「基礎演習」では、憲法や民法に加えて多彩な学習科目を配置することで、もう一歩踏み込んで法律を理解します。 3・4年次にはより高度なテーマを取り扱う「専門演習」を通して、自分の専攻について1年間じっくりと取り組み、高い専門性を身につけます。 ※4年次の「専門演習」は選択になります。

専門演習のテーマ(2018年度より一部抜粋)

■民法判例研究 民法の重要判例を素材にして、現実の紛争において民法の規定がどのように適用され、問題を解決しているのかを検討します。多角的に物事をとらえ論理的に思考するという、法的思考方法と民法の解釈論を習得します。
■国際法研究 教科書を輪読することで、国際法秩序の基本的な仕組みと様々な個別の国際法規則の内容についての理解を深めます。伝統的な外交、海洋法など国家間の関係を規律する法以外にも、近年重要となってきている環境や人権などの国際社会全体の問題についても扱います。

成城大学 法学部の入試情報

成城大学 法学部の問合せ先

成城大学 法学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20
03-3482-9100 入学センター

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。