聖カタリナ大学

  • 11人が検討中

看護学科

愛媛

福祉系大学の教育資源と松山赤十字病院との協力協定による高度な看護教育で、地域に貢献する看護師を育成します。

募集人数 80
初年度納入金 178 万円(入学金28万円を含む。後援会費、学友会費などが別途必要)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

聖カタリナ大学 人間健康福祉学部 看護学科の特長

看護教育と関係の深い分野の専門教員と連携し、質の高い教育を実施

本学科のほか人間健康福祉学部には、社会福祉学科、人間社会学科、健康スポーツ学科が設置されており、看護教育と関係の深い社会福祉学、介護学、心理学、社会学、健康スポーツ学の専門教員が充実。看護学の教員のほか、これら看護教育と関係の深い学問を専門とする教員の教育により、質の高い看護の学びが可能です。

松山赤十字病院と協力協定を締結。現場での看護実習で実践力を身につける

松山赤十字病院と協力協定を結び、赤十字の特長を活かした看護実習を通して、高い専門性と豊かな人間性を習得します。臨地実習は松山赤十字病院を中心に行い、地域医療はもとより、国内外の災害救護に関する看護を学ぶことが可能。また、日本赤十字社の認定資格(日本赤十字救急法救急員ほか)の取得も可能です。

地域の医療・看護・健康を支える人材として、看護師<国>、保健師<国>の取得をめざす

高齢化や医療の高度化・多様化が進むなか、患者の方々の療養の場は、病院を起点に地域や在宅へと広がりを見せています。本学科では、現代のさまざまな医療現場のニーズに対応しうる最新の医療知識と高度な看護スキル、そして健康面もサポートできるよう、看護師<国>、保健師<国>の取得をめざします。

「聖カタリナ大学松山市駅キャンパス」に新校舎を設置

松山市中心部のキャンパスに設置された看護学科校舎には、基礎、母性・小児、成人・老人、在宅など分野別の実習室をはじめ、市民講座やフォーラムの開催をも想定した200名収容可能な大講義室があります。医学書を中心とした図書館や学生ラウンジなど、快適なキャンパスライフをサポートする環境を整えています。

利便性抜群の都市型キャンパスで、充実したキャンパスライフを過ごす

2017年4月に完成した松山市駅キャンパスは、愛媛県松山市の伊予鉄道「松山市駅」から徒歩1分という好立地。近隣には大型商業施設や医療施設などがあり、生活環境も抜群です。市内電車や高速バスのターミナルなど交通アクセスも良好の都市型キャンパスで、充実したキャンパスライフを過ごせます。

地域の健康福祉ニーズに応える学びで、建学の精神に基づく人材を育成

聖カタリナ女子高等学校において50年以上にわたる看護教育の実績を有し、地域医療に貢献してきた聖カタリナ学園。建学の精神「愛と真理」のもと、本学科の設置によって、人間健康福祉学部の教育理念「健康と福祉を追求する健康福祉社会づくりに貢献する人材の養成」をさらに推進し、地域のニーズに応える学びを実践します。

聖カタリナ大学 人間健康福祉学部 看護学科の問合せ先

聖カタリナ大学 人間健康福祉学部 看護学科お問い合わせはこちらへ

〒799-2496 愛媛県松山市北条660
フリーダイヤル 0120-24-4424
E-mail nyuushi@catherine.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。