青山学院大学

  • 8,967人が検討中

法学部

東京

リーガルマインド、論理的・合理的思考、法的正義感を持って、問題を解決できる人材に!

募集人数:500

学科・コース名 募集人数
法学科 380
ヒューマンライツ学科
2022年4月設置予定
120

青山学院大学 法学部の特長

1年次

「法学入門」「民法入門」などの必修科目で法学の基礎を学ぶと同時に、本学で用意されている多様なリベラルアーツ科目「青山スタンダード科目」によって幅広い教養を身につけます。

2年次以降

専門教育科目として、基本六法(憲法・民法・刑法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法)はもちろん、多種多様な先端・展開科目が開講されており、税法、経済法、知的財産権法、保険法、労働法等、ビジネスに関連した法律科目が特に充実しています。

3・4年次

多くの学生が演習(ゼミ)に参加し、卒業論文を書き上げます。夏期休業期間などを利用して、学部の専任教員が引率して海外(アメリカ、イギリス、オーストラリア、中国)の大学等で学ぶ法学部独自の海外研修プログラムもあります。研修はすべて本学の単位認定の対象となります。

英語教育

“英語の青山”ならではの英語を使う授業で、語学力を磨きます。学部独自の外国語科目、専門科目における英語教育が充実している点もAOYAMA  LAW(本学部通称)の大きな特色です。さらに「アメリカ法」「EU法」などの外国法関連科目や「国際取引」に関する科目、英語文献を読む科目など、英語を使う授業も多数用意しています。

ヒューマン・ライツの現場 A・B

貧困・孤立・戦争などによる国内外のさまざまな人権問題について、条文や学説を学ぶ前にまず“現場”にふれて共に考えていく授業です。多彩なドキュメンタリー映像を用いながら、専門教員とジャーナリストである講師のレクチャーのほか、グループディスカッションを交えて学んでいきます。

学部の特色

論理的・合理的思考に基づいて、さまざまな社会的課題に対して妥当な解決を導ける能力を養えることは、法学部での学びの大きなメリットです。法学部法学科では、豊かで系統的な法知識と、それを現実社会の諸問題に適用し活かすことができる法的思考力や判断力、さらには、分析の筋道を説得力ある言葉で表現し人に伝えることができる表現力を培います。

法学会

法学部の教員と学生からなる組織で、法学の学び方や文献の調べ方についてのガイドブック『ガクモンのススメ』の発行や、講演会の開催、研究資料の収集、法学部の紀要『青山法学論集』の刊行などを行っています。毎年夏に学生懸賞論文を募集しており、専任教員による審査の上、優秀な論文を表彰・公刊しています。懸賞論文での入賞がステップとなって卒業後の進路につながった学生もいます。宅地建物取引士対策講座など、資格取得支援講座も開催しています。

法学教育センター

司法試験を目指す人の受験サポートとして対策講座や勉強会を開催するほか、広く、法学部で学ぶにあたっての学習サポートを行う教育施設として2021年に発足しました。青山学院大学にはレポートなどの文章を書くための助言が受けられる「アカデミックライティングセンター」がありますが、法学のレポートや論文を書くための助言は法学教育センターの方で受けることができます。公務員試験や各種資格試験の受験サポートも今後行っていく予定です。

青山学院大学 法学部の問合せ先

青山学院大学 法学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25
03-3409-0135 (入学広報部)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。