青山学院大学

  • 10,093人が検討中

法学部

東京

基礎から応用まで幅広く学ぶAOYAMA LAWリーガルマインドを持つ人材として活躍

募集人数:500

学科・コース名 募集人数
法学科 500

青山学院大学 法学部の特長

4つのコース

1年次後期(第2セメスター)からは、次の4つのコースに分かれて専門性を高めます。

ビジネス法コース

企業法務、知的財産法、国際取引法、雇用関係法、コンプライアンスなど、ビジネスや経済の現場に関わる法を学びます。

公共政策コース

政策の立案・実施・評価に関わる法を幅広く学びます。また、各種公務員試験に向けた重点学習にも力を入れています。

司法コース

法を扱う専門的職業人をめざすためのコースです。演習を中心に、法を正しく使うことができるための知識と技能を養います。

ヒューマン・ライツコース

グローバルな視野と現場の視点に基づき、国際社会の人権、差別、暴力、貧困、環境破壊などの問題や解決策について学びます。

カリキュラムの特色

本学部のカリキュラムは、基本的に六法を中心に、社会の動きを敏感に捉えた科目構成になっています。「刑事政策」「NPO論」「企業法務」といった科目、「アメリカ法」「EU法」などの外国法関連科目、「国際労働法」「国際人権法」など国際系の科目までを網羅し、バラエティに富んでいます。

英語教育

“英語の青山”ならではの英語を使う授業で、語学力も磨きます。学部独自の外国語科目、専門科目における英語教育が充実している点もAOYAMA  LAW(本学部通称)の大きな特色です。さらに「アメリカ法」「EU法」などの外国法関連科目や「国際取引」に関する科目、英語文献、英語の法律書を読む科目など、英語を使う授業も多数用意しています。

ヒューマン・ライツの現場 A・B

人権について、まず“現場”にふれて共に考えていく授業です。多彩なドキュメンタリー映像を用いて、Aでは「憲法」、Bでは「国際人権法」について、各専門教員とジャーナリストである講師が、貧困、孤立などによる国内外のさまざまな人権問題を取り上げます。

AOYAMA LAW 海外セミナー

AOYAMA LAWでは、現地集中講義型の海外研修科目を用意しています。アメリカ、オーストラリア、中国などに滞在し、各国の政治・経済・社会が抱える問題と法の関係などを学ぶことができます。また、現地の学生との交流を通して、異文化体験および異文化理解を深めることができます。

研修・インターンシップ

夏期休暇を利用し、民間企業でインターンシップ活動に取り組み、社会における労働上の諸問題を体験的に学びます。

青山学院大学 法学部の入試情報

青山学院大学 法学部の問合せ先

青山学院大学 法学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25
03-3409-0135 (入学広報部)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。