青山学院大学

  • 7,978人が検討中

理工学部

神奈川

サイエンス&テクノロジーの最先端の学びで、自らの夢と可能性を広げる

募集人数:680

初年度納入金:190.6 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

青山学院大学 理工学部の特長

物理科学科

物理学は、自然科学の根幹をなす学問です。物理学の概念や手法を基にして、未知の宇宙現象や最先端のサイエンスのみならず、複雑な社会現象、経済現象の解明まで挑戦します。

数理サイエンス学科

さまざまな数学の基礎を学びながら、数理科学に関する未知の事柄について研究します。学問としての数学だけでなく、実社会の諸問題を記述し解決する道具としての数学をバラエティに富んだ講義と演習科目を通して学びます。

化学・生命科学科

「無機化学」「有機化学」「生命科学」「物理化学」「分析化学」の5つの基幹分野について、講義と実験を連携させた学習を進めます。最先端分野の研究にも取り組むことができます。

電気電子工学科

電気、電子、磁気の制御からパワーエレクトロニクス、ナノエレクトロニクスまで、最先端かつ独創的な研究を推進しています。新技術の源となる基礎力と、イノベーションに即応できる応用力をバランスよく修得します。

機械創造工学科

従来の機械工学を基盤にソフトウェア技術を組み合わせて、これまでにはないより心豊かな“ものづくり”の工学を推進しています。

経営システム工学科

企業や社会などを効果的に機能させるためのシステムについて、開発から導入までを一貫して学びます。経営学とシステム科学の両面から、あらゆる業種・業態に対応できる実践的なスキルを身につけます。

情報テクノロジー学科

単に高機能化をめざすのではなく、誰にでも使いやすいテクノロジーを実現するために「メカトロニクステクノロジー」「ソフトウェアテクノロジー」「ヒューマンファクタテクノロジー」「ネットワークテクノロジー」という4領域について統合的に学んでいきます。

「応用初等代数」[数理サイエンス学科]

代数の入門授業です。初等整数論から始め、環や体といった代数系の基礎概念を、例を挙げて学びます。代数系では、その定理が抽象的な形で述べられることが多いため、理解するにはある程度の慣れが必要です。この講義では、整数や多項式など馴染みのある対象を用いて実際に計算を行い、その体験によって環や体の基本的な概念に親しみます。その上で、例えば、初等整数論の最も基本的な定理のひとつであるオイラーの定理など、抽象的な定理を咀嚼する能力を高めていきます。

「現代化学の最前線」[化学・生命科学科]

化学系教員8名が週替わりで、それぞれの分野の最新トレンドを紹介します。化学研究の最前線の動向を把握し、さらに実際のメーカー企業の現場で行われている製品開発にまつわるお話をゲストスピーカーから伺う講演会も随時開催しています。“研究する”とは、どのようなことなのかを共に考えていきます。

「機械創造工学体験演習」[機械創造工学科]

機械創造工学で学ぶ学問とはどのようなものかを理解するため、本演習では破壊、振動、飛行などの機械に関する現象を観察・体験します。また、体験した事象について論理的に考察し、レポートを作成することで、エンジニアとしての基礎的な感覚・技術を習得します。

「経営システム工学特別講座」[経営システム工学科]

教員9名とゲストスピーカー(本学の卒業生で、さまざまな分野の第一線で活躍する経営者・管理職・若手実務家)が登壇する特別講義です。ゲストの実務体験に裏打ちされたお話を通して、本学科での学びが、企業でどのように応用され、成果をあげているのかを実感できます。

技術応用の“現場”を体感する見学会[電気電子工学科]

電気電子工学の技術が、実社会でどのように応用されているのかを理解することも重要な学びになります。そこで、3年次に“見学会”を開催し、実際に応用されている現場を訪問します。技術者の方から説明を受けながら実感をもって電気電子工学を学ぶ機会を設けています。

「物理専門実験I・II」[物理科学科]

講義で学んだ概念や現象を体験的に理解する授業です。最先端の研究に必要な装置の扱いから解析方法までを幅広く学びます。課題は、高温超伝導・X線回折・マイクロ波・ガンマ線・数値相対論シミュレーション・脈拍計回路などです。課題ごとに少人数のグループに分かれて、専門の教員と共に実験を進めます。

「IT実験 I(メカトロニクス)」[情報テクノロジー学科]

知能ロボットがセンサ情報にもとづいて、障害物などを回避しながら、目的を達成する行動アルゴリズムを設計し、仮想空間、実空間(実験機)において、その有効性を検証します。これらを通して、知能ロボットの行動設計について理解を深めていきます。

短期海外研修

国際的に通用する技術者の育成をめざし、理工学分野特有の英語スキルを高めるための授業を実施しています。短期海外研修「Study Abroad」には、1年次からの参加が可能です。

学部の特色

数学、物理、化学といったサイエンスと、テクノロジーの基礎から最先端を学ぶ環境を整備しています。国際レベルの研究に取り組む教員のもと、最新設備を駆使した実験、演習、研究活動の場を提供するとともに、独自の英語教育を全7学科統一で実施。未来志向のカリキュラムにより、一人ひとりの夢と可能性を大きく広げます。

学びのポイント

1. 早い段階から本格的に学べる「理工学高度実践プログラム」※化学・生命科学科は除く
通常は4年次から始まる研究室の授業に、2年次または3年次から参加可能。早期の段階から高度な学びの場を提供します。
2. 実践的な独自の英語教育
「英語で学び、研究し、成果を発表する」を目標に、実践的なカリキュラムと、海外留学を幅広くサポートする「理工学国際プログラム」を実施。
3. 学びを支え、広げる附置機関
研究活動の強化と効率化を図る3つの附置研究センター、地域・企業との共同研究や受託研究を促進するための
「リエゾンセンター」などを設置。

理工学国際プログラム・理工学高度実践プログラム

日本の基幹産業の海外展開に貢献するための能力を養う「理工学国際プログラム」と、高い実践力を備えた理工系人材を育成する「理工学高度実践プログラム」の2つのプログラムを設置しています。各学科で定められた基準を満たすことで認定証が授与されます。

青山学院大学 理工学部の入試情報

青山学院大学 理工学部の問合せ先

青山学院大学 理工学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒252-5258 神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1
03-3409-0135 (入学広報部)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。