建築学科

静岡

防災、減災、コンパクトシティ。静岡だから学べる世界基準の知識と技術で人々の生活を支える建築家を育成。

募集人数 50
初年度納入金 154 万円( 入学金30万円、授業料124万円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

静岡理工科大学 理工学部 建築学科の特長

建築デザインと計画、防災、都市計画などを総合的に学び広い視野を持って建築に取り組みます

生活する人々の文化と融合する建築学を研究し、静岡から世界に発信できる建築物のデザインと建築計画に必要な知識と技術を探究していきます。空間と居住性の探究と防災、最先端の都市設計モデルも視野に入れたカリキュラムで、「建築」を総合的に学ぶ静岡県初の学科にふさわしい学びの場を目指しています。

防災対策に力を入れる静岡だからこそ、より安全安心な建築を探究

静岡県内に大きな災害を及ぼすことが予測されている南海トラフ大地震。地震や津波などから建物を守る防災・減災対策を研究します。防災対策に貢献できる建築構造・材料、建築生産分野を、地域型防災(耐震、免震、制震、対津波対策建物、防災、減災)を中心に強化し、日本をリードする安全安心な建築を探究していきます。

少人数教育が基本の実験、演習。学生の適性、能力に応じた「成長させる教育」を実現

実験や演習では、建築学を専門とする教授陣が、グループごとに設計課題をきめ細かに指導し、学生の主体的な取り組みをサポートします。体験と経験の積み重ねを重視した指導で、静岡から世界に発信できる建築理論と技術の修得、まちづくりへの考え方に取り組んでいきます。

建築を身体全体で理解しようとする姿勢を身につける授業

各課題のテーマに沿った様々な建築物を実際に見学。その体験を踏まえたうえで図面や模型の製作を行う形態の授業を数多く行っています。頭だけで考えるのではなく身体全体で感じ、理解することを重視する姿勢。この姿勢を学生達は建築課題に一つ一つ取り組んでいく過程で自然と身につけていくのです。

一級建築士<国>などの資格取得に向けたカリキュラム

プロの建築家、建築技術者として必要になってくる建築士資格。一級建築士<国>、二級建築士<国>、木造建築士<国>などの資格は、卒業とともに受験資格が得られるようカリキュラムを整えています。

「建築」の現在とこれからを実感できる環境

建築学を居ながらに実感できる理想の空間を求めて設計された「建築学科棟」や大規模なコンクリート材料の強度実験が可能な「構造実験棟」、照明や空調といった環境分野の実験を可能にする「環境実験棟」。これら、研究・実験設備が効果的に完備され、建築学を総合的に学べる環境を整えています。

静岡理工科大学 理工学部 建築学科の入試情報

静岡理工科大学 理工学部 建築学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:静岡県を中心とする建築関連企業への就職、大学院進学

静岡理工科大学 理工学部 建築学科の問合せ先

静岡理工科大学 理工学部 建築学科お問い合わせはこちらへ

〒437-8555 静岡県袋井市豊沢2200-2
TEL/0538-45-0115

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。