医療情報学科

岡山

情報科学の知識・技術を身につけ、医療の情報化推進に貢献できる診療情報管理・医療情報技術の専門家に

募集人数 60
初年度納入金 135 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

川崎医療福祉大学 医療福祉マネジメント学部 医療情報学科の特長

診療情報管理や医療情報技術の専門家として、幅広い活躍を目指す

情報科学の知識と技術を活かし、よりよい医療のための情報化推進に貢献できる診療情報管理・医療情報技術の専門家を育成。「診療情報管理士」と「医療情報技師」のダブルライセンス取得で、診療情報管理、医療情報技術の両面から医療現場を支援できる力を身につけます。

医学医療の高度な知識と情報技術を磨きながら、病院実習を通して医療現場への理解を深める

「医療情報学概論」「医用画像情報」など医療現場で用いる情報に関する科目に加え、「ソフトウェア工学」「アルゴリズムとデータ構造」など、情報工学に特化した科目もカリキュラムに組み込まれています。現場実習では、病院内の様々な部署を経験し、病院の仕組みや他職種との連携を通して情報担当者の役割を理解します。

第一線で活躍する医療人に学び、医療現場に密着した環境で確かな実践力を磨く

大学での授業をはじめ、現場実習を担当する先生の多くは、川崎学園の附属病院で活躍する現役の医療スタッフ。豊富な臨床経験をもとに、実際の医療現場での対応や判断、医療人としての姿勢を伝えています。高度化・複雑化が進むチーム医療の「今」を知る教員によるきめ細かな指導で、現場で活きる知識とスキルを修得します。

病院実習により、医療現場とその中での自分の役割を理解する

2年次は病院組織・機能・役割・現場での業務、患者応対マナーについて学ぶほか、電子カルテシステムを用いた演習などの事前学習を行います。現場実習では3年次に6週間、川崎医科大学附属病院などで実際の業務を体験。病院内の様々な部署で実習を行い病院の仕組みや他職種との連携の中での情報担当者の役割を理解します。

病院をはじめ、多彩な分野での活躍が可能

高度な情報技術と医療現場についての知識・理解が必要とされる医療に強い情報技術者が、医療機関やIT関連企業、福祉施設、公務員など多方面で活躍。就職支援としては、卒業研究担当教員・就職委員が就職支援センターと協力して、個別指導を行います。就職率も97.1%(就職者数33名/2019年3月卒業生)を誇っています。

培った知識・技術をもとに、よりよい医療情報の未来を考える「卒業研究」を表彰

4年間の学びの集大成である、卒業研究を発表する「卒業研究発表会」を毎年開催。本学科では発表を傍聴した下級生や教職員が投票を行い、選ばれた研究に対し表彰を行っています。これまでに「母子健康手帳の電子化」や「スマートフォンでのアプリ開発」など、医療情報と情報技術が融合した研究が表彰されました。

川崎医療福祉大学 医療福祉マネジメント学部 医療情報学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:海南医療センター、国立病院機構中国四国グループ、倉敷医療生活協同組合、学校法人川崎学園、京都第一赤十字病院、児島聖康病院、山口大学医学部附属病院、順天堂大学医学部附属練馬病院、松山赤十字病院、隈病院、倉敷平成病院、日本鋼管福山病院、矢掛町国民健康保険病院、旭川荘、SOMPOケアメッセージ、岡山トヨタ自動車、岡山市農業協同組合、玉島信用金庫、三井E&Sシステム技研、日本郵便中国支社

川崎医療福祉大学 医療福祉マネジメント学部 医療情報学科の問合せ先

川崎医療福祉大学 医療福祉マネジメント学部 医療情報学科お問い合わせはこちらへ

〒701-0193 岡山県倉敷市松島288
TEL 086-464-1004

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。