医療福祉デザイン学科

岡山

医療福祉分野において、デザインのスキルとセンスを活かして人の役に立てる人材を育てる

募集人数 40
初年度納入金 160 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

川崎医療福祉大学 医療福祉マネジメント学部 医療福祉デザイン学科の特長

デザインの力で患者さんと医療・福祉現場をつなぐ専門家を目指す

病院で働くスタッフの想いをデザインの力で表現し、患者さんに伝える「ホスピタルデザイナー」などをはじめ、病院の情報発信を担う専門家を養成します。学科の先生のみならず川崎医科大学や附属病院、現代医学教育博物館などの現場スタッフによる講義・実践を通じて、様々な観点から問題を発見し、解決へ導く力を育みます。

デザイン+医療福祉を融合させた独自のカリキュラム

基本造形やデザインの専門科目に加え、メディカル系の授業・実習を豊富に設定したカリキュラムが特長です。「人のデザイン」「医療福祉環境とデザイン」などの科目を通して医療福祉の基礎知識と造形的創造性の2つの力を培います。さらに医療福祉の現場で求められるデザインの手法を考察し、実現する応用科目も履修します。

病院での見学・実習をもとに、問題発見・解決能力を培う

「医療福祉デザイン演習」では、医療福祉の現場見学や実習を通して、現場が抱える課題の発見に取り組みます。さらに「メディカルイラストレーション」や「ビジュアルコミュニケーションデザイン」などの科目や、川崎医科大学附属病院をはじめとした学外実習を体験し、現場で求められるデザインの役割を考え、実践します。

現場での実践的な学びから、価値創造と問題解決が主体的にできる人材を育成

「医療福祉」と「デザイン」、それぞれの現場での経験が豊富な教員陣による、どちらか一方向だけではなく、多様な考え方と視点から幅広く実践的に指導します。医療福祉分野において、デザインのセンスとスキルを応用して、主体的に価値創造と問題解決ができる人材を育成します。

認定医療デザイナーを生む「病院プロジェクト」

川崎医科大学附属病院をはじめ、地域の病院と連携した「病院プロジェクト」を展開。福渡病院、児島中央病院では、学生が主体となってデザインを用いた問題解決に取り組み、実際に提案が採用されました。新しい試みとして、新聞などのメディアにも取り上げられ、様々な医療機関から注目を集めています。

デザインスキルと医療福祉の知識の両方を備えた卒業生は、医療機関や一般企業などで広く活躍

デザイン・イラストレーション・医療・福祉を学ぶことで、医療機関や福祉施設で活躍できます。職種としては医療福祉施設の広報担当やメディカルイラストレーター、医療・福祉に精通したグラフィックデザイナーや医療・福祉機器デザイナーなどで、就職率も100%(就職者数10名/2019年3月卒業生)を誇っています。

川崎医療福祉大学 医療福祉マネジメント学部 医療福祉デザイン学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:学校法人川崎学園、水島中央病院、青木内科小児科医院、はるやまホールディングス、クラビズ、テレサイト、尾崎スクリーン

川崎医療福祉大学 医療福祉マネジメント学部 医療福祉デザイン学科の問合せ先

川崎医療福祉大学 医療福祉マネジメント学部 医療福祉デザイン学科お問い合わせはこちらへ

〒701-0193 岡山県倉敷市松島288
TEL 086-464-1004

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。