臨床心理学科

岡山

心理学や臨床心理学を深く学び、個々に応じた心理的な対人援助サービスを提供できる人材を目指す

募集人数 80
初年度納入金 135 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

川崎医療福祉大学 医療福祉学部 臨床心理学科の特長

科学的な心理学に基づく人間理解を目指し、精神的健康に関わる社会的ニーズに応えます

心理学の基礎領域と応用・実践領域をバランスよく学び、様々なデータ収集・分析技法に関する演習と、医療機関及び福祉施設での現場実習との両方を体験します。心理系の国家資格として新たに設置された「公認心理師」をはじめ、精神保健福祉士国家資格、認定心理士・認定心理士(心理調査)などの資格取得を目指します。

新しい国家資格「公認心理師」教育に対応し、心理学の基礎と実践を体系的に学べる

本学科は従来から、公認心理師の養成に必要とされる心理学の基礎と応用の両面をカバーする、臨床現場での豊富な実習を含む教育をおこなってきました。これらの学びにより「心をもつ人間」の特徴を理解し、対人援助職はもちろん、家庭生活や職業生活を含む人の暮らしのあらゆる場面で活用できる心理学の知識を修得できます。

第一線で活躍する心理学の専門家に学び、臨床現場に密着した環境で確かな実践力を磨く

大学での授業をはじめ現場実習を担当する先生の多くは、川崎学園の附属病院をはじめとする医療福祉の現場で活躍する現役のスタッフ。経験をもとに臨床現場での対応や判断、心理専門職としての姿勢を伝えます。高度化・複雑化が進む多職種連携の「今」を知る教員による指導で、現場で活きる知識とスキルを修得します。

附属病院をはじめとする豊富な現場で実践的なスキルを養う

2年次から学内で実習の準備を行い、3・4年次には川崎医科大学附属病院をはじめ、岡山県内を中心に複数の医療機関あるいは福祉施設での実習を体験することができ、対人援助の実践的なスキルが培われます。

現場と教育をつなぐ「臨床心理センター」

川崎医科大学附属病院「臨床心理センター」は、全国的にも珍しい病院内で臨床心理士を必要とする様々な部署の要請に応える独立した機関です。本学科ではこのセンターを活用して医療現場での実習を実施。またここに在籍している臨床心理士が本学科の教員も兼任しており、現場での実務を踏まえた指導を受けることができます。

様々なフィールドで専門職/コミュニケーション力のある社会人として活躍

心理学と臨床心理学の知識とスキルを身につけたエキスパートとして、医療機関や児童あるいは高齢者を対象とした福祉施設などで専門性を発揮できます。また、本学科で身につけた知識やスキルは社会人として不可欠なコミュニケーション力と密接につながっており、企業や地域社会など心理専門職以外の分野でも役立ちます。

川崎医療福祉大学 医療福祉学部 臨床心理学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:倉敷リバーサイド病院、希望ヶ丘ホスピタル、たいようの丘ポスピタル、アイシークリニック、旭川荘、創心會、クムレ、サンライフ倉敷、児童養護施設悲眼院、天神会、尾道さつき会、南東北福祉事業団、あじさいくまの子保育園、津山みのり学園、放課後等デイサービスJOYKIDS、もえぎの会、ベネッセスタイルケア、介護老人保健施設サンライフ倉敷、一れつ会、富津市

川崎医療福祉大学 医療福祉学部 臨床心理学科の問合せ先

川崎医療福祉大学 医療福祉学部 臨床心理学科お問い合わせはこちらへ

〒701-0193 岡山県倉敷市松島288
TEL 086-464-1004

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。