早稲田大学

  • 17,211人が検討中

商学部

東京

実践的な学びで分析力と行動力を身につけグローバル・ビジネスの第一線を担う人材になる

募集人数:900

早稲田大学 商学部の特長

学部の内容

商学部では1904年の創設以来、「学識ある実業家」を育て、社会に送り出すことを教育理念としてきました。卒業後の進路も意識した履修ができるよう、6つのトラックを設けています。トラックは2年次の秋学期に選択する演習(ゼミナール)によって決定されます。 ≪経営トラック≫ 現実の経営を理解し、説明するための理論や分析用具をさまざまな視点から提供します。具体的には、経営学、経営組織、経営戦略、経営史、企業倫理などについて学びます。 ≪会計トラック≫ 企業の経済活動を記録、計算し、経営活動の結果を外部に報告する分野である財務会計と、会計データを企業の経営管理に活用する分野である管理会計を中心に学びます。 ≪マーケティング・国際ビジネストラック≫ 市場メカニズムを通じた製品やサービスの創造と供給、そしてそれを可能にするさまざまな諸資源の流通と交換に関わる理論、機能、制度、手続きなどについてグローバルな視点から考察します。 ≪金融・保険トラック≫ 金融分野では、金融の基本的な仕組みと機能を理解した上に、企業金融、ポートフォリオ理論、国際金融等を学び、保険分野では、家計および企業のリスク処理の体系、保険企業の機能・役割を中心に考察します。 ≪経済トラック≫ 企業や家計など個別の経済主体の行動や全般的な経済環境の動向を理解するためのツールとして、経済学の基礎的な理論と定量分析の手法を学び、それらを用いてビジネスの諸問題を分析します。 ≪産業トラック≫ 経済および産業社会の実態を理解するため、さまざまな視点を提供します。具体的には、経済史を前提とした歴史に関する科目のほか、経済政策、日本経済論、中小企業論、労働経済論などについて学びます。

演習(ゼミナール)

演習(ゼミ)による専門教育を重視しています。3・4年次には、トラック制に対応した総計約60におよぶゼミで、専門的かつ高度な研究を行います。また、1・2年次を対象にした総合教育科目演習もあります。

外国語教育

全学共通の少人数英会話科目「General Tutorial English α・β」は必修科目です。また、6つの外国語(英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、朝鮮語)から2つを選択し、履修します。

寄附講座・提携講座等

民間企業など外部の組織・団体から寄附された資金や人材をもとに実施される授業で、実社会における問題発見・解決のための論理的思考を学ぶことができます。

早稲田大学 商学部の問合せ先

早稲田大学 商学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
03-3202-4369 

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。