ホスピタリティ経営学科

大阪

ホテル・ブライダル・ツーリズムといったホスピタリティ業界のスペシャリストをめざす。

募集人数 100
初年度納入金 129.07 万円(入学金を含みます。)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

大阪学院大学 経営学部 ホスピタリティ経営学科の特長

経営学の基礎知識や、ホスピタリティ業界に特化した総合的な知識を習得

1年次には、ホスピタリティ産業の経営と知識をしっかりと学び、2年次からは業界別の知識を究め、現場での実習も体験します。また、ケーススタディを通して業界知識・スキルの運用方法も学修。卒業後に進みたい業界の最新の動きを把握し、キャリアに生かせるようさらに知識を深めます。

“ホスピタリティ経営学”について学ぶ、6つの専門科目群

将来の目標に合わせて、「ホテル・レストラン業界」「ツーリズム・エアライン業界」「イベントマネジメント業界」「マーケティング」「ファイナンス」「経営人材」の6つの専門科目群から科目を履修し、各専門分野の学びを深めることができます。

「経営力・運営力」「国際感覚」「コミュニケーション能力」。3つの機軸を徹底的に学ぶ

ホスピタリティ産業を経営の視点から理解する力を養う「経営力・運営力」、グローバル社会で能力を発揮できる「国際感覚」、ホスピタリティ業界に欠かせない「コミュニケーション能力」という3つの要素を中心に学び、国際的に第一線で活躍できる、ホスピタリティのプロをめざします。

学びの3手法 「理論」「実践」「応用」

自分がめざす業界がどんな業界なのかを理論的に理解する「理論」、ホスピタリティ関連企業で300時間の就業体験をする「実践」、学産連携イベントでプロと同条件でアイデアを考え、発表する「応用」という3つの手法で、実践力を身につけます。

ホスピタリティ業界と連携し、学問とビジネスの現場が直結

特色は、業界との連携が強いこと。教員の多くがホスピタリティ系企業の起業家・外資系ホテルの管理職など、ホスピタリティ業界の第一線で活躍する業界人です。学生は授業やゼミナールで学びの3つの要素と手法を軸に業界の最新情報を聞き、教員の専門分野である業界を見学し体験することができます。

欧米ではスタンダードな「ホスピタリティ経営学」が学べる学科

欧米では多くの大学で学べる「ホスピタリティ経営学」ですが、日本では専門的に学べる大学はほとんどありません。しかし団塊の世代が退職を迎え、ホスピタリティ産業のニーズ増大は確実といわれています。そこで、この業界の特性を知り抜いた経営者を養成するため、2008年4月ホスピタリティ経営学科が誕生しました。

大阪学院大学 経営学部 ホスピタリティ経営学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:(株)ラスイート(ホテル ラ・スイートハーバーランド神戸)、(株)ユナイテッドアローズ、資生堂ジャパン(株)、コーセー化粧品販売(株)、KCJ GROUP(株)(キッザニア甲子園)、ケーヨーリゾート開発(同)(シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル)、ANAエアポートサービス(株)、裕進観光(株)(ANAクラウンプラザホテル京都)、日本郵便(株)

大阪学院大学 経営学部 ホスピタリティ経営学科の問合せ先

大阪学院大学 経営学部 ホスピタリティ経営学科お問い合わせはこちらへ

〒564-8511 大阪府吹田市岸部南二丁目36番1号
06-6381-8434(代表)
Eメール:adoffice@ogu.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。