大阪産業大学

  • 293人が検討中

鉄道工学コース

大阪

鉄道工学を基礎から学び、鉄道工学フィールドワークで実践力を養い、鉄道運行や管理、車両設計や製造を担う人材を育成

初年度納入金 143 万円(※諸会費は別途納入が必要です。)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

大阪産業大学 工学部 交通機械工学科 鉄道工学コース の特長

鉄道工学の基礎技術を修得すると同時に、将来に活きる高い専門性と実践力を磨く

80年前の本学創立時、鉄道は産業の大動脈でした。戦後、輸送手段の主役の座を自動車・トラックに奪われるも、環境問題の背景から、近年再び鉄道が見直されています。本コースでは鉄道工学に関する基礎技術の修得と同時に、将来、鉄道関連分野での活躍に必要不可欠な高い専門性と実践力を磨く多彩な学びを展開しています

交通機械工学の基礎+鉄道工学の専門分野を修得する、鉄道工学エンジニア養成カリキュラム

数学や物理、4力学(材料力学・機械力学・熱力学・流体力学)といった専門基礎科目に、交通機械工学の基礎および実習科目を加えて基礎力を強化。その上で機械系(列車の車体の構造とメカニズム)・電気系(列車の運転と制御)・土木系(列車の設備とその整備・保守)の3分野に大別される鉄道工学の専門分野を磨きます

交通機械のエンジニアとして活躍するために必要な、幅広い分野の知識と技術を修得する授業

「鉄道工学コース」では、鉄道車両分野・鉄道設計分野・高速鉄道分野・鉄道保守分野・鉄道機械分野・鉄道工学フィールドワークなど、多彩な分野にわたる授業を開講。車両の構造やメカニズムを理解したうえで、それに付随して必要な制御・電気系の知識、各種鉄道設備の知識が習得できるよう、段階的に授業を構成しています

模型鉄道の製図・組立・製作を行い、走行実験から得られたデータを解析し、研究・考察を深める

大津山研究室では鉄道車両を中心に、鉄道システムについて幅広く研究。特に、模型鉄道の組立・製作を行うと同時に、車両の様々な運動解析や乗心地の評価、脱線や衝突時の振動解析をもとにした安全性の向上、省エネルギー、地球環境、沿線環境など、多岐にわたる研究課題に取り組んでいます

鉄道関連のプロとして活躍が期待される

「鉄道工学コース」では、鉄道会社の運搬や管理者、鉄道車両設計の開発者や技術部門のエンジニアなどで活躍が期待されます

将来の目標に合わせた特別コース

鉄道や乗り物、ものづくりやメンテナンスへの興味はもちろん、安全・環境などの社会的な面からも将来を見据え、次世代の鉄道や交通機械・産業機械に対するしっかりとした考えを持つ人材を育成します。選考方法は、「課題小論文」+「体験講義」+「レポート作成+面接」です。AO入試のみでの募集です

大阪産業大学 工学部 交通機械工学科 鉄道工学コースの入試情報

大阪産業大学 工学部 交通機械工学科 鉄道工学コースの関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:西日本旅客鉄道(株)(JR西日本)、東海旅客鉄道(株)(JR東海)、ANAラインメンテナンステクニクス(株)、(株)メイテック、大阪市高速電気軌道(株)、東海交通機械(株)、ELGC(株)、(株)レールテック

大阪産業大学 工学部 交通機械工学科 鉄道工学コースの問合せ先

大阪産業大学 工学部 交通機械工学科 鉄道工学コースに関する
お問い合わせはこちらへ

〒574-8530 大阪府大東市中垣内3-1-1
大阪産業大学入試センター tel:072-875-3001(代)
nyushi@cnt.osaka-sandai.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。