大阪産業大学

  • 319人が検討中

電子情報通信工学科

大阪

電子・通信機器の実験実習、PC演習を通してバランスよく学び、暮らしに欠かせない電子機器のエンジニアをめざします。

募集人数 100
初年度納入金 143.9 万円(※諸会費は別途納入が必要です。)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

大阪産業大学 工学部 電子情報通信工学科 のコース

学科・コース名 募集人数
電気電子工学コース
電子情報工学コース
自然エネルギーコース

大阪産業大学 工学部 電子情報通信工学科の特長

超スマート社会の実現に向けた技術を学ぶ

IoTやAIなどの最新技術を活用した超スマート社会の実現に向けた技術を学修。電力・エネルギー、計測・制御、物性・電磁波や情報通信・ネットワークなど、未来社会の中心技術となる電気電子情報工学の基礎から応用まで幅広い専門分野の教育・研究を行い、超スマート社会を支える科学技術をリードするエンジニアを育成します

専門知識と表現力を同時に養い、3年次後期から卒業研究を開始

1・2年次の基礎科目の多くを、必須科目に設定しています。まずは「電子・情報・通信」の3分野をバランスよく学び、基礎を確立。研究やプレゼンテーションにも力を入れ、表現力や応用力も養います。また4年次に満足のいく就職活動を行えるよう、3年次後期から卒業研究をスタート。満足のいく研究成果と就職内定を目指します

プログラミングの基礎から、集積回路に使われている半導体のメカニズムまで

「プログラミング2」では、C言語を用いてプログラミングの考え方の基礎を修得。プログラミングにおいて必要な論理的な思考能力などを身につけます。また「半導体工学」では、エレクトロニクス(電子工学)を支えている材料技術の集積回路(IC、LSI、CMOS等)などに使われている半導体について物理的メカニズムを学びます

習熟度別・少人数クラス編成により、きめ細かな指導を実現

1・2年次に開講されるほとんどの科目は習熟度別・少人数クラス編成により、きめ細かい指導がなされるため、基礎学力の充実を図ることができます。さらに、基礎演習でデータ収集や測定の基本技術を身につけます

電子機器のエンジニアには発想力が大切。豊かな感性で最先端の研究に取り組みます

「パルスレーザ照射によるSMDキャパシタの破壊とその評価」「次世代太陽電池のためのレーザー加工技術の開発 -レーザー微細加工したシリコン太陽電池のラマン分光-」 「焦電型センサ読み出し回路の間欠動作に関する研究」「深層学習を用いた交通モード検知の研究」などの多彩なテーマで研究を行っています

自然の力を利用して、次代のエコ社会を考える、コラボレーション型のコース

太陽光発電や電気自動車をはじめ、エネルギーの形が見直されている現代のニーズに対応し、都市創造工学科とのコラボレーションによる「自然エネルギーコース」を設置。例えば、海洋の力や地下熱を利用した新しい発電方法など、互いの専門分野を活かしたスケールの大きな研究に期待が集まっています

大阪産業大学 工学部 電子情報通信工学科の入試情報

大阪産業大学 工学部 電子情報通信工学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:関西電力(株)、(株)明治、(株)きんでん 本店、富士ソフト(株)、(株)フジタ、シンフォニアテクノロジー(株)、東芝デバイス&ストレージ(株)、(株)アルファシステムズ、日鉄テックスエンジ(株)、(株)メイテック、ダイダン(株)、(株)SRA、(株)日研工作所、寺崎電気産業(株)、日本空調サービス(株)、三菱電機エンジニアリング(株)、(株)タカトリ、(株)かんでんエンジニアリング、(株)ノーケン、三菱電機プラントエンジニアリング(株)、(株)パナR&D

大阪産業大学 工学部 電子情報通信工学科の問合せ先

大阪産業大学 工学部 電子情報通信工学科お問い合わせはこちらへ

〒574-8530 大阪府大東市中垣内3-1-1
入試センター tel:072-875-3001(代)
nyushi@cnt.osaka-sandai.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。