都市創造工学科

大阪

住みやすく魅力的なまちをつくるとともに、環境との共存も考える。次代のまちづくりを担うエンジニアを育成します

募集人数 100
初年度納入金 143.9 万円(※諸会費は別途納入が必要です。)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

大阪産業大学 工学部 都市創造工学科 のコース

学科・コース名 募集人数
総合コース
構造コース
自然エネルギーコース

大阪産業大学 工学部 都市創造工学科の特長

環境と共存でき、安全で快適な「未来のまち」を創造

2011年3月に発生した東日本大震災。日本全体で防災意識が高まりました。都市創造工学科では、公共物の設計・施工、交通網も含めた都市計画、さらには環境と共存できる循環型社会の実現について、実験や実習を通して実践的な技術力を修得し、まちをつくり、まちを守り、まちを生かすことのできるエンジニアをめざします

将来の目的に合わせて、都市づくりに関する知識と技術を養う3コースを用意

「総合コース」では、構造力学・建設材料・土質力学・水理学・土木計画学・環境工学を学びます。「構造コース」では、社会基礎整備に必要な構造・設計分野を学びます。「自然エネルギーコース」では、自然エネルギーの活用法などを学びます

講義・実験を豊富に取り入れた、積み上げ式の効率的なカリキュラムで、基礎と専門性を構築

1年次は、専門科目と並行して幅広い導入教育を徹底。そして2年次から専門科目を積み上げ、効率良く学びを進めていきます。さらに「土質力学演習」や「水理学実験」など、演習・実験講義も充実。同じ内容の講義と実験を並行するスタイルで、深い知識・技術理解を伴った実践型スキルの修得を目指します

まちづくりに関して、環境、土壌、河岸、素材など、さまざまな研究テーマでアプローチします

「セシウムのフェロシアン化物による共沈分離」「基礎および杭の地震時の衝撃支持力」「トランジットモールの横断行動調査」「土壌微生物燃料電池の開発」「新しい波力発電装置の開発」「道路橋橋脚の耐震性評価」「構造物の衝撃せん断破壊の力学機構」など、まちづくりとその環境に関する研究テーマに取り組みます

藤長先生の研究室では、自然エネルギーで未来をつくり出す研究を実施

藤長先生の研究室では、実験系は廃水から微生物の働きで発電する電池を作成。解析系では放射線のリスクを計算し、住民の方へどのように伝えたらよいかを、調べる研究に取り組めます

自然の力を利用して、次代のエコ社会を考える、コラボレーション型のコース

太陽光発電や電気自動車をはじめ、エネルギーの形が見直されている現代のニーズに対応し、電子情報通信工学科とのコラボレーションによる「自然エネルギーコース」を設置。例えば、海洋の力や地下熱を利用した新しい発電方法など、互いの専門分野を活かしたスケールの大きな研究に期待が集まっています

大阪産業大学 工学部 都市創造工学科の入試情報

大阪産業大学 工学部 都市創造工学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:東建コーポレーション(株)、ライト工業(株)、前田道路(株)、大東建託(株)、(株)イチケン、大林道路(株)、きんでん(株)、一般社団法人近畿建設協会、ショーボンド建設(株)、(株)竹中土木、国土交通省近畿地方整備局、兵庫県庁、大東市役所

大阪産業大学 工学部 都市創造工学科の問合せ先

大阪産業大学 工学部 都市創造工学科お問い合わせはこちらへ

〒574-8530 大阪府大東市中垣内3-1-1
大阪産業大学入試センター tel:072-875-3001(代)
nyushi@cnt.osaka-sandai.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。