大阪電気通信大学

  • 388人が検討中

環境科学科

大阪

プロジェクト型の学びで問題解決力を養成。食品・エネルギー・住環境の未来を拓く

募集人数 90
初年度納入金 152.2 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

大阪電気通信大学 工学部 環境科学科の特長

科学と工学、情報を土台に、地球にやさしい環境やくらしをめざす

わたしたちの生活に欠かせない「食品」や「住環境」等について学ぶカリキュラムを設計。数学や化学、物理、情報の知識を土台にして、多様な環境問題の解決に必要な専門性を修得します。実践的な教育を重視し、人々の未来に役立つ人材を育成します。

学びのポイント

【1】食品・住環境など、私たちのくらしについてトータルに学ぶことができます。
【2】理数系の知識を基礎から着実に修得できるようにサポート。
【3】食品衛生管理者など、各種資格取得にも対応したカリキュラム。

学びのステップ

1年次/環境科学を学ぶための基礎を修得。
2年次/食品と住環境について幅広い知識を身につけ、視野を広げるとともに専門分野を学ぶための基礎を固める。
3年次/食品衛生管理者などの資格に対応する専門性を高める。
4年次/卒業研究を進める過程で、技術者・研究者としての実践的な能力を養う。

【環境科学科 × ICT】  食と住環境のスマート化に対応する力をつける

「ディープラーニング入門」という授業を開講し、人間の手を使うことなくAI自らが学習を行う「ディープラーニング」の技術を基礎から活用法までわかりやすく解説します。最新のICTの進化を「食」にまつわる実務に落とした「フードテック」や、家事労働をサポートする家事・調理AIマシンの普及に対応する力を身につけます。

アクティブラーニング「カフェラボプロジェクト」

総合科目「地域連携ボランティア入門」と連携して、「古いものを愛でる、大切にする」をコンセプトに、使われていない大学内の古い研究室や備品をリメイク。懐かしさ漂うカフェにリノベーションする活動に取り組んでいます。その一環として、京都にある古い建築物のリノベーション事例や歴史的建造物の見学も行っています。

「資源工学研究室」「化学生物学研究室」

「資源工学研究室」
濁った水をろ過する時などに用いる「わける」技術をテーマに、凝集剤のメカニズム探究や食品系分離の新プロセス開発を実践。
「化学生物学研究室」
食品に含まれる成分・機能性物質が健康に与える効果の化学的・科学的な証明に取り組み、食品の力で健康寿命を延ばす可能性を探求します。

大阪電気通信大学 工学部 環境科学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:フジッコ、西日本旅客鉄道、第一屋製パン、サンデリカ、山九

大阪電気通信大学 工学部 環境科学科の問合せ先

大阪電気通信大学 工学部 環境科学科お問い合わせはこちらへ

〒572-8530 大阪府寝屋川市初町18-8
TEL:072-813-7374(入試課)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。