大手前大学

  • 174人が検討中

考古学・地理学専攻
2020年4月名称変更予定

兵庫

「地域」や「空間」を、さまざまな観点から調査・分析し、人類が遺した痕跡の研究を通じて人類の源を探る

初年度納入金 129 万円(入学金27万円、授業料78万円、施設設備費24万円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

大手前大学 総合文化学部 史学コース 考古学・地理学専攻 の特長

多彩な分野から自由に学び専攻を決める「レイトスペシャライゼーション」

入学してから1年後に所属学部の中から専攻を決定する「レイトスペシャライゼーション」を導入。自分の目標をしっかり決めてから専攻を選べるので安心して学ぶことができます。さらに、学部・学科の枠組を取り払い、さまざまな科目から学びたいテーマにそって、自由に選んで学べます。

様々な観点で考古学と地理学の分野を考察

考古学や地理学の分野での様々な問題に対し、様々な観点から調査・分析を通じて学習することで、国内外の
社会で活躍できる能力を身につけます。

科目を組み合わせて学ぶことで視野を広げ、「知のコラボレーション」を創造できる人材を育成

例えば、博物館学芸員をめざすなら、「考古学・地理学」に「日本史」と「博物館学」を組み合わせて学び、博物館学芸員の資格も取得する。また、一般企業への就職をめざすなら、「考古学・地理学」に「企業経営」と「心理学」を組み合わせて学ぶことで、選択の範囲が広がります。

信仰に関する資料・研究成果から考古学の研究法を考える「考古学からみる信仰と祭りの日本史」

森下章司先生が担当する「考古学からみる信仰と祭りの日本史」は、信仰と祭りをテーマに、日本の代表的な考古資料を時代順に概説。知識を得るだけではなく、示された資料や見方から、考古学の基本的な解釈方法を実際に試行します。また資料館見学、さまざまな資料の観察を通じて実践的な考古学の方法の体験もおこないます。

大小の「地域」や「空間」を、さまざまな観点から調査・分析

地理学とは商店街、国、地域など、大小スケールのあらゆる分野での地域や空間を多面的に調査・分析し、経済・社会との関係性やその特徴を研究する学問です。

中学・高校教諭、博物館学芸員などの資格取得に向けたカリキュラムを設置

「大学で培った歴史の知識を仕事に生かしたい」という人のために、中学校の社会科教諭、高校の地理・歴史教諭、博物館学芸員などの資格取得をサポートするカリキュラムを用意しています。所定の単位を取得すれば、資格を取得することが可能。将来の選択肢が広がります。

大手前大学 総合文化学部 史学コース 考古学・地理学専攻の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:日本郵便(株)、(株)ジオテクノ関西、(株)JR西日本交通サービス、(株)ペニンシュラ東京、(株)エーデルワイス、(株)ホテルプラザ神戸

大手前大学 総合文化学部 史学コース 考古学・地理学専攻の問合せ先

大手前大学 総合文化学部 史学コース 考古学・地理学専攻に関する
お問い合わせはこちらへ

〒662-8552 兵庫県西宮市御茶家所町6-42
0798-36-2532 アドミッションズ オフィス(直通)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。