大手前大学

  • 174人が検討中

メディアコミュニケーション専攻

兵庫

これからのメディアと社会を考えるために、メディアコミュニケーションに関する理論・産業・文化を読み解く力を養う

初年度納入金 129 万円(入学金27万円、授業料78万円、施設設備費24万円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

大手前大学 メディア・芸術学部 メディアコース メディアコミュニケーション専攻 の特長

多彩な分野から自由に学び専攻を決める「レイトスペシャライゼーション」

入学してから1年後に所属学部の中から専攻を決定する「レイトスペシャライゼーション」を導入。自分の目標をしっかり決めてから専攻を選べるので安心して学ぶことができます。さらに、学部・学科の枠組を取り払い、さまざまな科目から学びたいテーマにそって、自由に選んで学べます。

メディアに関する専門知識を学び、ビジネスなどに活用する能力を養う

メディアコミュニケーション専攻では、メディア理論やメディア表現の方法論に関する専門知識を学び、それらの学びをビジネスや研究、地域活性化などの分野で活用する能力を養います。

科目を組み合わせて学ぶことで視野を広げ、「知のコラボレーション」を創造できる人材を育成

例えば、放送局での活躍をめざすなら、「メディアコミュニケーション」に「企業経営」「情報・コンピュータ」「英語コミュニケーション」を組み合わせて学ぶ。そうすることで、ビジネススキルはもちろん、ITスキルや英語力を兼ね備えた、プラスαの強みをもつ人材となり、就職のチャンスも広がります。

現場経験者による授業で、メディアの“今”と“未来”を考察する

テレビ・ラジオなどの現場を経験してきた専門家やメディア研究者を講師に迎え、メディア業界の基本知識、現状、今後の展開などを学びます。さらにゼミでは、IT 関連企業やゲームソフト制作会社などで活躍する専門家を招いて、新たな業界動向について知る機会も設けています。

現代社会における情報メディア産業の現状について、その課題と処方箋について論じる

谷村要先生が担当する「メディア・表現I」は、現代社会における情報メディア産業を読み解くための視座を養う授業。情報メディア産業を取り巻く状況が流動的であることを踏まえたうえで、いくつかの局面についての具体的な事例を取り上げ、その現状を解説していきます。

自分の好きなことが研究テーマ。プレゼンテーション能力も身につけて、自分の強みにする

谷村ゼミでは、自分の好きなことはすべて研究テーマになります。先生の専門がサブカルチャー研究とあって、学生のなかには「アニメの聖地」をテーマに現地調査を行い、レポートを発表する人も少なくありません。発表を通じてプレゼンテーション能力を磨けば、好きなことを上手く伝える力が強みになります。

大手前大学 メディア・芸術学部 メディアコース メディアコミュニケーション専攻の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:(株)トーセ、東建コーポレーション(株)、日本エスリード(株)、近畿産業信用組合、神戸市教育委員会、(株)ガンバリオン、(株)シーマ

大手前大学 メディア・芸術学部 メディアコース メディアコミュニケーション専攻の問合せ先

大手前大学 メディア・芸術学部 メディアコース メディアコミュニケーション専攻に関する
お問い合わせはこちらへ

〒662-8552 兵庫県西宮市御茶家所町6-42
0798-36-2532 アドミッションズ オフィス(直通)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。