大正大学

  • 492人が検討中

地域創生学科

東京

地元×経済学×経営学=地域デザインを学び、地域の発展・活性化に貢献する地域人を育成

募集人数 100
初年度納入金 146.25 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

大正大学 地域創生学部 地域創生学科の特長

経済学をもとに、地域資源を活用した地域課題解決の方法を学ぶ

地域創生学部の学びの基盤は「経済学」。地域創生学部で展開する多くの授業では、学生自ら課題に取り組むアクティブラーニングを取り入れており、経済学的な思考から地域資源を見つめ、資源の活用によって地域課題を解決へと導く力を養う。

地域の課題に対応できるよう、実践的な経済学を学ぶ

経済学の学びを基盤に、各種データや情報の処理スキル、論理的思考を身につける。また、地域の各現場で活躍する方々が講師を務める授業も展開。1年間を4学期に区分する「クォーター制」を導入しているのも特長。長期型の実習期間の確保や1科目の授業を週2回行う集中型学習により、座学と実習の連携が可能。

多様な進路と学生の夢を実現するサポート

4年後は多様な進路・活躍のフィールドが考えられる。例えば、公務員として諸地域をつなげて新たな取り組みを行う、セレクトショップなど地域の資源を活かした起業をする、地方銀行や信用金庫に勤めて地域に根付いた企業を金融面から支え、地域経済に貢献するなど。就職課で開講している公務員対策講座などを用意している。

地元・地域の発展を担う行動力のあるリーダーとして活躍

本学科のミッションのひとつが、東京で学び地元で活躍する「地域回帰」。「地元」や実習で出会った地域を軸に、仕事や活動に取り組む人材を育成する。たとえば、地域の経済事業を熟知した地方公務員や、地元の生産者たちと企業をつなぐ商工会議所のスタッフなど。「地域を自分の力で発展させたい」という思いを実践できる。

地域を愛し、地域を支え、日本の未来を構築する人材を育成

自分の地元や愛着のある地域を発展させたい、もっと良くしたい。そんな思いを抱く人に向けた学部が地域創生学部。経済学を基盤に地域資源の活用方法を学び、考え、地域のさまざまな課題を解決したり、地元の経済を活性化させることができる人材を育成する。

各年次で実施する地域実習

座学だけではなく、1~3年次で各8週間の地域実習を実施。全国13ヶ所(2018年度)の実習先で、長期間で本格的な地域実習を行うために、独自の連携自治体ネットワークを構築。「理論(座学)」と「実践(地域実習)」の反復学習を通して、学習効果を高めていく。

大正大学 地域創生学部 地域創生学科の入試情報

大正大学 地域創生学部 地域創生学科の問合せ先

大正大学 地域創生学部 地域創生学科お問い合わせはこちらへ

〒170-8470 東京都豊島区西巣鴨3-20-1
TEL03-3918-7311(代表)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。