社会共生学部

東京

少子高齢化、人口減少、環境問題、働き方改革など、日本が抱える現代社会の課題を解決へ導くことができる人になろう!

募集人数:195

学科・コース名 募集人数
公共政策学科 130
社会福祉学科 65

大正大学 社会共生学部の特長

学科・コース紹介

【公共政策学科】 1年間を4学期に分けて授業を行うクォーター制を採用し、同じ科目の授業を週2回実施することにより、集中的な学びを展開します。4年間の中で理論と実践を繰り返すことで戦略的な学習を可能にします。フィールドワークでは自治体や公共団体、民間企業等で実施します。地域社会の課題を見つけ出し、その解決策を探りながら地域と向き合い、適切なアプローチ方法を考えます。大正大学の付属研究所である地域構想研究所では、フィールドワークを全面的にサポートします。また、インターンシップや卒業研究を実施する際には、全国ネットワークを活用し、実践・学習のフィールドが日本全国に広がります。
【社会福祉学科】 社会福祉士、精神保健福祉士の国家資格取得を目指すことができます。また、アドバンスクラスを設け、各種ソーシャルワーカーの育成に注力しています。 コミュニティソーシャルワーカーから学ぶサービスラーニング、西巣鴨・巣鴨地域の区民ひろばの活動に参加するインターンシップなど、実践的な学びを展開しています。

公共政策学科

学科共通科目として、公共政策学の基盤となる科目を学び、課題解決への理論、実践的なアプローチの仕方を学びます。2年次からは、観光学や環境学などをはじめとしたさまざまな分野の専門的な学習・研究に取り組みます。
【学びの事例】
■多様化する、地域社会が直面する地域包括ケア、移住政策、働き方の改革、多文化共生などの生活課題の解決について学びます。
■環境問題や自然保護に関する政策・評価・立案、さらには国立公園等での保全活動実践や住民の意識啓発に関する企画などについて学びます。また、環境に関するフィールドワークを通じて、環境問題の多様性とそれぞれに対する解決能力を実践的に身につけます。
■観光による交流人口の増加をめざし、地域の自治体や事業者と住民が一体となって「観光をテーマとして活力あるまちづくり」を行うための政策のあり方を実践的に学びます。
■地域振興に不可欠な要素を体系的に学び、地域における課題やニーズを多様な視点からとらえ地域の連携、産・学・官・民の協働など、特色ある政策を企画・提案できる能力を実践的に身につけます。

社会福祉学科

1年次の基礎的なソーシャルスキルから3年次の専門的実践力まで段階的に養います。1年次はサービスラーニング、2年次で施設体験学習、3年次は4週間の実習へと進みます。

大正大学 社会共生学部の入試情報

大正大学 社会共生学部の問合せ先

大正大学 社会共生学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒170-8470 東京都豊島区西巣鴨3-20-1
03-3918-7311 (代)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。