大阪大谷大学

  • 206人が検討中

薬学科

大阪

6年間を通じた少人数教育で、豊かな「人間性」と「科学者」としての素養を兼ね備えた薬剤師を養成します。

募集人数 140
初年度納入金 222.4 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

大阪大谷大学 薬学部 薬学科の特長

学生の様々なニーズに応える教育体制

共用試験や国家試験の自学自習をサポートするための、パソコンやスマートフォンを用いた最新の学習支援システムや、スキルアップセミナーの開講、先輩薬剤師による講演、希望者補講など6年制のカリキュラム以外のプログラムを設定し、積極的に学ぼうとする学生の意欲に応えています。

6年制に最適なカリキュラムで、即戦力となる薬剤師を養成

本学科は6年制となります。基礎薬学教育の強化とともに、臨床経験豊かな教員を配属し、病院や薬局での実習に参加する学生が、医療機関で実践力を深められるサポート体制を整えています。また、2019年により高度な専門知識や思考力の習得をめざしたい方に向けて、大学院薬学研究科 薬学専攻博士課程(4年制)を開設しました。

新時代の薬剤師育成に燃える、各分野のエキスパートが教授陣に集結!

教授陣には臨床経験が豊富な薬剤師をはじめ、医学、栄養学などの各専門分野のエキスパートを起用。特に「栄養学」や「漢方医療薬学」などのユニークな授業も本学科の特長です。これらの教授陣は、学習面での指導だけでなく、実務実習のサポートや学生の卒業後の広範な進路についても適切なアドバイスを行います。

研究者として、薬剤師として、企業や行政機関から医療現場まで、幅広い活躍の場が開ける

本学科を卒業した学生がめざせる進路としては、まず病院や薬局、ドラッグストア、または行政機関で活躍する薬剤師が挙げられます。また、健康食品・臨床栄養など疾病に関わる「食」の専門知識を身につけた栄養情報担当者を養成します。栄養サポートチーム(NST)の一員として活躍の場を広げることができます。

国家試験合格を強力にバックアップ!薬剤師(国)の合格率100%をめざします

薬学の基礎を固め、応用を学んでから実務実習に取り組むという、段階的に知識・技術を身につける学習システムで効率的に学習。2011年度以降1~9期生1,050名が卒業しており、そのうち939名(89.4%)が薬剤師免許を取得しています。(2019年度は既卒者含む受験者246名中136名(55.3%)が合格、新卒者は114名中88名(77.2%)が合格)

1年次からの少人数アドバイザー制度で学生一人ひとりをサポート

学生5~6人につき、アドバイザーとして教員を1人配置。一人ひとりのレベルに応じた国試対策のほか、就職活動や大学生活などのサポートを行っています。また、「薬学教育支援・開発センター」では、各科目や学習の相談受付、上級生の有志スタッフ(Student Assistant)が後輩をサポートするSAセミナーなどを開催しています。

大阪大谷大学 薬学部 薬学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:(大)大阪市立大学医学部附属病院、(地独)大阪府立病院機構、大阪国際がんセンター、(独)大阪労災病院、イオンリテール(株)、(株)スギ薬局、(株)ココカラファインヘルスケア、大日本住友製薬(株)、日本調剤(株)、ウエルシア薬局(株)、佐藤薬品工業(株)、沖縄県庁、警察(和歌山県)、(社)和歌山県薬剤師会

大阪大谷大学 薬学部 薬学科の問合せ先

大阪大谷大学 薬学部 薬学科お問い合わせはこちらへ

〒584-8540 大阪府富田林市錦織北3-11-1
TEL0721-24-1031

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。