情報メディアコース
2022年4月開設予定

京都

情報通信技術(ICT)を活用し、現代社会における地域での課題解決や地域の活性化を考察する

初年度納入金 122.8 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

大谷大学 社会学部 コミュニティデザイン学科 情報メディアコース の特長

地域課題に向きあう実践力・課題解決力を養う 「コミュニティデザイン学科」

「コミュニティデザイン学科」がめざすのは「人と人とのつながり(コミュニティ)を創造(デザイン)」するための能力を有する人物の育成。そこで地域政策学コースと社会福祉学コース、情報メディアコース(2022年4月開設予定)の3つの専門分野を設置し、まちづくりや情報発信、福祉の相談・援助などの実践的な手法を学びます。

情報通信技術(ICT)の活用について学ぶ「情報メディアコース」

コミュニティ・ラジオ、映像コンテンツ、ウェブ・コンテンツなどを駆使して地域の魅力を発信し、活力ある地域社会の発展を支援します。取材からコンテンツ制作など、さまざまなメディアを使用した情報発信の方法を学びます。また、コンピュータやネットワークを活用して、情報システムの設計・実装をめざします。

ウェブサイトや動画、SNSなどを使い、地域の魅力を発信する技術を学ぶ

制作会社のプロを講師に招き現場で通用する知識と技能を学べるほか、動画編集ソフトの実技演習も充実。デジタルコンテンツの編集方法や情報を扱う際の基礎となるメディア・リテラシーについても学べます。実践的な演習として、地域FM放送やフリーペーパーを通じて大学周辺地域の情報発信を経験することもできます。

地域の「おもしろい」に出あって学ぶ。第1学年から全員参加の「コミュ・ラボ」

社会や地域とつながる学びの活動拠点「コミュ・ラボ(地域連携室)」。大学を飛び出して、地域にある課題を知り、調査し、魅力を掘りおこし、解決するための方法を考える、プロジェクト型の学びの場です。これまでにも「祗園祭ごみゼロ大作戦」への参加や「コミュニティ・ラジオプロジェクト」などが実施されました。

情報通信技術(ICT)を学ぶことで広がる卒業後の進路

●情報メディアコースの特長を生かした進路
システムエンジニア(企業のIT部門への就職、起業による会社経営)、マルチメディア・ウェブデザイナー(クリエイティブ職、映像制作会社、印刷会社など)。
IT技術をベースに地域課題に取り組める人物をめざします。

多様な学びが実現するキャンパスには、学生の学ぶ意欲を支える施設・設備が充実

教室棟「慶聞館(きょうもんかん)」では、中央エントランスに広がる学生ロビーを中心に、アクティブ・ラーニングを実現する「マルチスペース(マルチ・コモン・サブゼミ)」など、教育空間を有機的に配置。86万冊以上の専門書や書籍を所蔵する「図書館」、文化財を1万2000点所蔵する「博物館」などの施設も充実しています。

大谷大学 社会学部 コミュニティデザイン学科 情報メディアコースの入試情報

大谷大学 社会学部 コミュニティデザイン学科 情報メディアコースの関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:日本電通(株)、(株)ヤマダホームズ、日本ホールディングス(株)、せんねん灸(株)、大和冷機工業(株)、エスケー化研(株)、(株)京都製作所、(株)ミネルヴァ書房、日本ソフト開発(株)、西日本旅客鉄道(株)、両備ホールディングス(株)、エース(株)、(株)くらこんホールディングス、サンコーインダストリー(株)、(株)ヤマダホールディングス、青山商事(株)、(株)百五銀行、京都中央信用金庫、積水ハウス不動産関西(株)、日本住宅流通(株)、国立病院機構、日本郵便(株)、京都農業協同組合、真宗大谷派 宗務所、今宮幼稚園、鴨東幼稚園、京都府教育委員会、京都市教育委員会、京都府警察本部、福知山市役所、防衛省 陸上自衛隊、防衛省 航空自衛隊

大谷大学 社会学部 コミュニティデザイン学科 情報メディアコースの問合せ先

大谷大学 社会学部 コミュニティデザイン学科 情報メディアコースに関する
お問い合わせはこちらへ

〒603-8143 京都市北区小山上総町 入学センター
TEL075-411-8114(直)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。