建築専攻

愛知

建築という“ものづくり”を実現するための技術と知識、そして感性を、複合的、体験的、経験的に学びます。

募集人数 75
初年度納入金 158.13 万円(入学金・代理徴収金を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

大同大学 工学部 建築学科 建築専攻 の特長

建築家に必要な技術・知識・感性と問題解決能力はもちろん、志望に合わせた実務能力を習得

「人間にとって快適な空間をつくる」ための技術と知識、感性を習得し、地球温暖化や省資源化など新たな課題への問題解決能力も磨きます。志望する進路に合わせ、建築物の設計や施工に関わる建設業を想定した「エンジニアリング系」と設計事務所で建築デザイナーをめざす「デザイン系」の2つの履修モデルを設定しています。

実際に建築物となった学生作品も! やる気を自然に引き出す、「体験・実習」重視のプログラム

ものづくりの体験・実習を重視した教育プログラムが、大きな特徴。2年次から始まる「建築設計」の授業では、地域の企業や住民から依頼を受けた課題を、学生一人ひとりが設計・デザインし、プレゼンテーションします。また4年次には全員が研究室に所属。コンテストにも積極的に参加し、実際に建築物となった作品もあります。

「Dラーニング(社会参画型授業)」。例えば「一般住宅の設計」の提案

実際に家を建てたいと考えているご家族が依頼主。夫妻を大学に招き、学生達が決められた条件の中で、自分のアイデアを図面と模型を用いてプレゼンテーションを行います。提案した学生は実際の現地調査で、周辺環境にふさわしいデザインの必要性を痛感。「誰の為に建てるのか」を明確にし、設計に取り組む大切さを学びます。

ミラノ工科大学と共通の設計課題に取り組む「Cスケープ」。日・伊の大学生が教育でコラボレート

建築学の名門と名高いイタリア・ミラノ工科大学建築学部の学生と、本学建築学科の学生が共通の設計課題に取り組みます。「グローバルな環境の中で、自分の設計力や感性の価値を確かめるのは、とても刺激になる。デザインのメッカであるイタリア・ミラノの大学とコラボレートできる意義は大きい」と、船橋准教授は話します。

宇野研究室では、卒業制作で、一般に開催される設計コンペに参加!

第一線で活躍する現役デザイナーである宇野享教授の研究室では、設計コンペへの参加を前提に卒業制作が進められます。学生であっても一流の建築家と同じ土俵で戦え、勝つチャンスもあるという宇野教授の言葉に、学生たちのモチベーションも高まり、建築という“ものづくり”の楽しさと奥深さにはまっています。

大手ゼネコンや不動産関連など、さまざまな建築関連業界への就職のほか、独立開業の道も

卒業後は、大手ゼネコンや建築デザイン事務所、住宅・不動産関連、建築設備会社、建築材料メーカーなどへの就職や、一級建築士、宅地建物取引士、土地家屋調査士などの資格を取得して、将来、独立開業する道もあります。

大同大学 工学部 建築学科 建築専攻の入試情報

大同大学 工学部 建築学科 建築専攻の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:大林組、フジタ、大豊建設、トーエネック、植木組、ナカノフドー建設、東建コーポレーション、タマホーム、市川工務店、サカイ創建グループ

大同大学 工学部 建築学科 建築専攻の問合せ先

大同大学 工学部 建築学科 建築専攻に関する
お問い合わせはこちらへ

〒457-8530 名古屋市南区滝春町10-3
入試・広報室 0120-461-115(フリーダイヤル)
nyushi@daido-it.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。