土木・環境専攻

愛知

Civil Engineering(まちづくり)とEnvironmental Design(環境創造)を学び、安全で豊かな暮らしに貢献します。

募集人数 55
初年度納入金 158.13 万円(入学金・代理徴収金を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

大同大学 工学部 建築学科 土木・環境専攻 の特長

自然をまもり、快適な都市環境をつくる「まちづくりのプロデューサー」をめざす

土木・環境専攻では、水質浄化や土壌浄化の新技術開発、CGを利用した街路景観の評価法の開発、騒音を抑える材料や構造物の開発など、社会基盤の整備における機能を追究するだけでなく、自然環境や都市環境の問題を解決する研究開発を積極的に行い、その成果を社会に還元。いわば「まちづくりのプロデューサー」です。

都市や自然をフィールドに社会に役立つ技術を学び、快適な地域づくりに貢献

道路や橋などの交通インフラ、上・下水道や電力などのライフライン、自然災害から都市をまもる防災インフラ……土木・環境専攻は、生活を支える社会基盤を将来にわたってどう整備していくかを考え、社会基盤の再生と創造、都市・地域防災の充実、自然環境の再生と創造の3テーマで社会に役立つ技術を研究します。

グループ活動を通じて問題を発見し、その解決策の提案能力を養成する「都市環境プロジェクト」

1チーム数名に分かれて、それぞれの調査研究テーマを決めます。テーマは、地域のまちづくりや環境関連問題から学生が自主的に選びます。調査のため現場に行ったり、市役所や工場に行ってインタビューをしたりするチームもあります。調査研究報告会では、全チームが口頭発表し、教員・学生によって評価されます。

VR技術で三次元都市空間を作り、街づくりや景観検討等のシミュレーションを行う「VR基礎」

道路をVR技術で3次元空間上に表現し、景観や道路構造の検討、交通シミュレーションを行いながら街づくりの計画案を策定します。作成したVRデータを用いて計画案のプレゼンテーションまで行います。平面図や横断図などの二次元図面ではわかりにくい詳細も、VRで視覚的にわかりやすく表現できるようになります。

社会基盤やまちづくり、環境ビジネス分野で、専門職として活躍しよう!

土木・環境専攻卒業後は、中央官庁や地方公共団体をはじめ、社会基盤デザインや都市・環境システム、環境ビジネス分野などでの活躍が期待されます。また、測量士や宅地建物取引士、不動産鑑定士などの資格を生かし、専門職として働くことも可能です。

エコがテーマのフリーペーパー『ecoRecoあいち』。創刊号から本専攻の学生たちが活躍中!

企業や行政、地域、NPO、若者が協力し、生物多様性向上や次世代を担う若者育成を目指して活動、「2013愛知環境賞」優秀賞も受賞した「命をつなぐPROJECT」。その一環として、学生が取材・編集を手がけるフリーペーパー『ecoRecoあいち』では、創刊以来現在も本学学生が学生実行委員として活躍中です。

大同大学 工学部 建築学科 土木・環境専攻の入試情報

大同大学 工学部 建築学科 土木・環境専攻の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:東海旅客鉄道、前田道路、NIPPO、大林道路、佐藤工業、玉野総合コンサルタント、名工建設、岐建、ヒメノ、岐阜県庁

大同大学 工学部 建築学科 土木・環境専攻の問合せ先

大同大学 工学部 建築学科 土木・環境専攻に関する
お問い合わせはこちらへ

〒457-8530 名古屋市南区滝春町10-3
入試・広報室 0120-461-115(フリーダイヤル)
nyushi@daido-it.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。