至学館大学

  • 330人が検討中

健康科学部

愛知

「運動・スポーツ」「栄養」「こどもの成長」の専門分野にプラスαの知識と実践力を身につけた人材に!

募集人数:390

初年度納入金:139~141 万円(入学金25万円を含む。金額は学科によって異なる)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

学科・コース名 募集人数
健康スポーツ科学科 150
栄養科学科(管理栄養士養成課程) 80
こども健康・教育学科 60
体育科学科(仮称)
2022年4月設置構想中/内容は予定であり、変更の場合があります。
100

至学館大学 健康科学部の特長

体育科学科(2022年4月設置構想中)

アスリートを目指す青少年の体育・スポーツ活動を科学的・効果的に行うために必要な専門知識と技能を修得するとともに、実践力を身につけるための特色ある教育を展開。競技スポーツ活動を科学的にサポートできるトレーナーや指導者の養成を目指します。

健康スポーツ科学科

健康をサポートするプロフェッショナルを養成するため、「運動」「栄養」「休養」を軸にした「スポーツコーチングコース」「ヘルスエクササイズコース」「スポーツプロデュースコース」を設置。こどもから高齢者まで、年代別・個別に健康運動を指導するための理論と実践力を身につけます。

栄養科学科

「スポーツ」「医療」「教育現場」で活躍できる管理栄養士をめざし、高度な専門知識と実践力を育てる「スポーツ栄養コース」「臨床栄養コース」「食育コース」を設置。管理栄養士国家試験合格のための万全な支援体制のもと、豊富な実験・実習を通して専門知識や技術を着実に修得していきます。

こども健康・教育学科

保育士、幼稚園や小学校の先生をめざす人のための「保育・初等教育コース」と、小学校の先生、中学校保健体育の先生をめざす人のための「初等・中等教育コース」を設置。こどもの「こころ」と「からだ」の健やかな成長と発達、乳幼児から青少年へと育っていくプロセスを総合的に学び、豊富な実習を通して実践力を身につけます。

プラスαの能力が身につく「学びのコラボレーション」

本学では多様な能力を身につけるための「学びのコラボレーション」として、所属する学科以外の指定科目を受講し、単位を取得できる「学科間相互の科目履修」制度があります。さらに「スポーツ栄養」「食育」「ジュニアスポーツ」などをキーワードに、各学科間の枠を超えた学びの相乗効果を実現。これにより、それぞれの専門分野にプラスαの知識と能力を身につけられる学修環境が整っています。

地域社会と連携した実践力を磨く「地域コラボレーション」

本学の学びのフィールドは学内に留まらず、地域や社会にも広がっています。地域のこどもや高齢者を対象とした健康運動教室、小学校で学習支援を行う放課後学習チューター、レシピの開発や栄養指導サポートなど、さまざまな活動を通して、学びと社会とのつながりを実感し、コミュニケーション力や実践力を身につけます。

学生たちの挑戦と成長を支援するサポート体制

【アスリートサポート】
本学のノウハウを集結させ、在学生スポーツ選手のコンディショニングや技術力・競技力向上を総合的にバックアップ。また、アスレティックトレーナーやスポーツ指導者、スポーツ栄養士をめざす学生にとって、実践の場となっています。
【教職サポート】
幼稚園教諭、小学校教諭、中学校・高等学校教諭(保健体育)、栄養教諭を目指す学生のために「教職支援室」を開設。教職経験豊富な専門スタッフによるアドバイスや模擬面接、勉強会など個別にきめ細やかな指導を展開し、毎年、教員採用試験合格者を多数輩出しています。
【キャリアサポート】
「学生進路支援室」では、学生一人ひとりの適性や希望に応じたサポートや専門キャリアアドバイザーによる「キャリアカウンセリング」を実施。インターンシップや各種ガイダンス・講座、学内企業セミナーなど、1年次から段階的にステップアップできる進路支援プログラムを展開しています。また、教員採用試験、公務員試験、管理栄養士国家試験、保育士・幼稚園教諭専門試験など、学科の進路に応じた対策講座を開講し、資格取得や試験合格を支援しています。

至学館大学 健康科学部の入試情報

至学館大学 健康科学部の問合せ先

至学館大学 健康科学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒474-8651 愛知県大府市横根町名高山55
0562-46-8861

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。