東海大学

  • 3,534人が検討中

コンピュータ応用工学科

神奈川

コンピュータを高度に応用する知識と技術をもち、より安全・快適・便利な社会の実現に貢献できる人材育成を目指します

募集人数 100
初年度納入金 161.32 万円(入学金20万円、授業料他 含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東海大学 情報理工学部 コンピュータ応用工学科の特長

知能ロボティクス、コンピュータ工学のハードとソフトの両面を学ぶ

知能ロボティクスとコンピュータ工学の2分野を柱に、各分野のハードウエア・ソフトウエア両面を学べるカリキュラムを展開。一定のタスクを実現するロボットの開発、実社会に役立つ電子回路の開発、人間と同等の知能をもったモバイルロボットや新しい乗り物の創造など、コンピュータ応用技術が習得できる学びが特徴です。

基礎から先端知識まで幅広く系統立てて学ぶ

システム制御の考え方を基盤とするコンピュータ応用技術は、あらゆる分野に適用が可能なため、本学科ではコースを設けず「知能ロボティクス」「コンピュータ工学」の各分野をカバーする科目群を設置。また、少人数でのゼミナール科目を学年ごとに多数用意し、年次に応じたきめ細かい指導が受けられます。

年次ごとに多数配置されている学科独自のユニークな科目

1年次の「創造工学演習」では自律マシンを設計制作。競技会で成果を発表するRobocon型の授業は、ものづくりの楽しさや難しさを体感しながら、専門科目の必要性や関連性を確認することができます。また、3年次の「システム開発演習」では、複数のテーマから興味に応じて選択して取り組めます。

知能ロボティクス

ヘビや魚の推進原理に基づき不整地の移動能力の高いグライド推進ロボット、人の眼が何を見ているか特定する角膜表面反射画像を用いた視線計測技術、人が作業しやすい制御手法を取り入れたパワーアシストシステム、センサで計測した周囲情報などから歩行者を妨げずに目的地へ案内する知能ロボットなどを開発しています。

コンピュータ工学

カーナビ等に用いられている順序付き対象物を迂回する最短経路を抽出するアルゴリズムの効率及び精度向上、LSIの出荷時におけるテストを短時間で高品質に行う技術、ビッグデータに於ける効率的な利用と守る情報セキュリティ技術、システムをモデル化し性能評価や信頼性向上を目指した最適設計手法などに取り組んでいます。

東海大学 情報理工学部 コンピュータ応用工学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:富士通、キヤノン、凸版印刷、本田技研工業、日野自動車、スズキ、矢崎総業、カプコン、鉄道情報システム、日立社会情報サービス、NECプラットフォームズ、NSD、東芝テリー、ブリヂストンソフトウェア、明治安田システム・テクノロジー、警視庁、勤労者退職金共済機構

東海大学 情報理工学部 コンピュータ応用工学科の問合せ先

東海大学 情報理工学部 コンピュータ応用工学科お問い合わせはこちらへ

〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1  入試広報課
TEL:0463-58-1211(代表)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。