東海大学

  • 3,531人が検討中

英語文化コミュニケーション学科

神奈川

英語、英語圏の文化、コミュニケーションなど多角的に学びを探究する

募集人数 90
初年度納入金 147.52 万円(入学金20万円、授業料他 含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東海大学 文学部 英語文化コミュニケーション学科の特長

国際社会で通用する語学力とコミュニケーション力を習得

「読む、書く、聞く、話す」の英語技能を高める基礎領域と、「コミュニケーション学」「英語教育」「言語学」「英米文学」の専門領域を柱にしたカリキュラムで、国際社会で通用する実践的なコミュニケーション力や専門的な知識を習得。イギリス・オックスフォード語学研修も行い、寮生活を送りながら授業を受けられます。

ディスカッションやプレゼンテーションから「異文化間コミュニケーション」の理論や概念を学ぶ

同じ言語を使用していても、価値観や生活習慣といった「文化」が違うと、誤解や相手との摩擦が生じることがあります。「異文化間コミュニケーション」の授業では、主にディスカッションやプレゼンテーションで実例を挙げながら、異文化間コミュニケーションの理論や概念を研究します。

教科書を分析し、効果的な教授方法を学習。教師役として模擬授業も体験する「英語科教育法」

英語を効果的に教える為にはどうすればよいのか。また、日本の英語の授業にはどのような改善点があるのか。「英語科教育法」では、実際の教科書を分析しながら、授業展開の設計図であるティーチング・プランの作成方法や、様々な教授方法を学びます。また、教育実習の準備段階として、各自が教師役で模擬授業を体験します。

「英語の教員になりたい」という将来の希望を持つ学生に、様々なアドバイスを提供

本学科で身に付けた英語力を活かし英語の教員免許を取得することが可能。教員採用試験を受験し希望を叶える為には、多方面の能力が求められます。英語の他、教職、一般教養の準備も大切。専門科目や副専攻科目の勉強、英語学習の継続、慎重な履修計画など教員免許状取得を目指す学生に様々なアドバイスを行っています。

ダブルディグリー・プログラムで日本の「学士」とアメリカの「短期大学士」を同時取得

夏休みから3月まで、ハワイ東海インターナショナルカレッジ(HTIC/1992年設立の短期大学)での8ヶ月の留学と、東海大学における2ヶ月の事前研修を修了することで、4年間で日本の「学士」とアメリカの「短期大学士」を同時に取得可能。HTICの授業は全て英語なので、英語運用能力の飛躍的な向上が望めます。

プラスアルファの専門分野を会得することで、多角的な思考力を養う

60以上にのぼる副専攻の中から、自分の専門以外の学科、テーマに関連する科目群を履修。様々な角度からの視点をもって問題発見・解決に努める人材育成を目的とします。複数の副専攻を幅広く学ぶことも、興味のある特定の副専攻を集中的に受講することもできます。

東海大学 文学部 英語文化コミュニケーション学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:ユナイテッドアローズ、NTT東日本-南関東、マイナビ、東日本旅客鉄道、アルプス物流、全日本空輸、日本航空、スカイマーク、コストコホールセールジャパン、プリンスホテル、ザ・ペニンシュラ東京、JTB、厚木市役所、平塚市役所、高等学校(神奈川県)

東海大学 文学部 英語文化コミュニケーション学科の問合せ先

東海大学 文学部 英語文化コミュニケーション学科お問い合わせはこちらへ

〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 入試広報課
TEL:0463-58-1211(代表)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。