東京家政大学

  • 763人が検討中

職業人養成138年。専門性を力に、生き方を自分で決められる女性に。

人生を彩る選択肢多き女性の生き方を、さらに豊かにするのは、「専門性」があるという強さ。創立以来138年、女性らしさが活きる専門性を社会の力に変える教育を進めてきました。

東京家政大学を卒業した先輩のお仕事

  • 埼玉県内児童相談所勤務として働くK.M.さん

    社会福祉士(ソーシャルワーカー)/児童福祉司
    K.M.さん

  • 日鉄住金物産株式会社勤務として働くN.H.さん

    ファッションデザイナー
    N.H.さん

  • 株式会社RSK勤務として働くK.A.さん

    グラフィックデザイナー
    K.A.さん

  • 東京都内公立保育園 勤務として働くA.T.さん

    保育士
    A.T.さん

  • 埼玉県内小学校勤務として働くO.H.さん

    小学校教諭
    O.H.さん

  • 新潟県内私立高等学校勤務として働くI.R.さん

    養護教諭
    I.R.さん

  • 東京都内公立中学校勤務として働くO.M.さん

    中学校教諭(英語)
    O.M.さん

  • 東京都内私立高校勤務として働くS.M.さん

    高等学校教諭(理科)
    S.M.さん

  • 東京都内健康支援センター勤務として働くS.S.さん

    管理栄養士
    S.S.さん

前へ

家庭内で問題を抱えている親子が、本当に求めていることを見極め、幸せに暮らせる道を探しています。

埼玉県内児童相談所勤務 として働く K.M.さん

埼玉県内児童相談所勤務
K.M.さん

警察署や保育所、病院、近隣住民などから児童虐待の可能性があると通報が入ると、家庭訪問をして親から事情を聞き対処法を考えたり、相談に訪れた方に対応するのが児童福祉司の主な仕事。まだ実務経験が少ない分、大学で学んだ専門知識、相手の話に共感すること、あいづちのうち方など具体的方法はとても役立っています。所内が親身な先輩ばかりなのも心強いです。人は誰かに話を聞いてもらうだけで心が軽くなることがあります。例えば育児の悩みを抱えたお母さんが相談にいらっしゃいます。じっくりお話を聞き、これまでの頑張りを認め、今後できることを一緒に探していく。一人でも多くの幸せをサポートできる仕事にやりがいを感じます。

学びを通してパターンの魅力にふれ、今はパタンナーとしての経験を、心地よい服づくりに生かしています。

日鉄住金物産株式会社勤務 として働く N.H.さん

日鉄住金物産株式会社勤務
N.H.さん

所属部門の主業務はアパレルメーカー向けOEM。委託を受け素材開発から商品企画、生産、物流まで一貫して手がけます。私はレディースアパレルブランドのデザインを担当。お客様との打ち合わせから始まり、デザインのイメージをすり合わせデザイン画を描いて、サンプル作成し提案します。何度かの修正を経て了承されれば量産に入ります。中でも最も気を使うのがお客様のイメージをカタチにする工程。徹底したヒアリングが重要です。中国、ベトナム、タイの生産工場との連携も欠かせないため「見ただけで分かる指示書」づくりも心がけています。自分のテイストを加味したデザインが「素敵!」と採用されたとき、嬉しくやりがいを感じます。

デザイン、建築、自分だけのカフェ。仕事と人とのつながりが線になって、夢の実現に一歩ずつ近づいています。

株式会社RSK勤務 として働く K.A.さん

株式会社RSK勤務
K.A.さん

卒業後広告代理店に入社。千葉県内の顧客が多く、地元サッカーチームのポスターや介護施設のチラシ・冊子、企業や団体のホームページ制作など幅広い仕事を手がけています。少人数の会社なので社員が「やりたい!」と手をあげれば新しい仕事が生まれます。建築分野での広告事業も始め、もともとカフェの設計にも興味があったことから、さらに建築分野への興味が深まり建築士の資格取得に挑戦することになりました。業務の傍ら社会人入学制度を利用し千葉大学工学部都市環境システム学科の3年次に編入。念願の二級建築士の資格も取得し、現在は一級建築士取得を目指し石巻市の再開発のお手伝いで実務経験を積んでスキルアップを図っています。

「自分のことをわかってくれる」先生であることを心に留めながら、保護者の子育て支援も務めます。

東京都内公立保育園 勤務 として働く A.T.さん

東京都内公立保育園 勤務
A.T.さん

最も印象に残っているのは、2歳児から卒園までの4年間担任を務めたクラスです。当時保育士3年目で経験も浅かった私の心の迷いを救ってくれたのが子どもたちです。叱った後でも「せんせーだいすき」と言ってくれる園児たちの笑顔は、今でも忘れることができない宝物です。現在は0歳児の担任。この子たちが卒園するまで大きく育っていく姿を見られることがとても楽しみです。人格形成される大切な時期で責任もあり、それだけにやりがいも大きいです。「この先生なら自分をわかってくれる」と子どもから信頼され、保護者とも向き合い育児支援ができる保育士として成長することが私の目標です。

厳しくも優しい指導ができる先生を理想に、学校は楽しいところだと感じてもらえる指導を目指しています。

埼玉県内小学校勤務 として働く O.H.さん

埼玉県内小学校勤務
O.H.さん

最初に経験したのは4年生の担任でした。低学年と高学年の境目で友だち関係や心理面等で変化が起き始める年頃です。初めは私の話を聞かせることさえ苦労することもありましたが、先輩方のサポートの中、子どもたちと向き合ううち次第に打ち解けていけるようになりました。嬉しかったのは生徒が質問に来てくれるようになったこと。「分かる楽しさ」を知ることが学習の第一歩だと思っていたので、子どもたちの変化を見て達成感のようなものを感じました。次に担当したのが体力づくりの活動が始まる5年生。低学年を助けている光景を見るとその成長ぶりに嬉しくなります。これからも「厳しくも優しい指導ができる」理想像を追究し頑張っていきます。

悩みを抱えた生徒の気持ちを受けとめ、解決策を一緒に考える。晴れやかな笑顔を見るのが喜び。

新潟県内私立高等学校勤務 として働く I.R.さん

新潟県内私立高等学校勤務
I.R.さん

「先生って暇そうだね」と言われたら最高の褒め言葉! 生徒が遠慮なく保健室に来られるよう余裕を見せることを常に心掛けています。勤務地の高校は部活動が盛ん。激しい練習で怪我をする生徒も多く、就業間もない4月にいきなり骨折の救急処置をすることになりました。緊張の中で大学時代の授業を思い出し冷静に対応することができました。泣きながら駆け込んでくる子、ずっと黙ったままの子、イライラをぶつけてくる子、色々な生徒が来室します。まず話を聞き気持ちを受けとめることを大切にし、そして解決策を一緒に考えます。だんだん笑顔になり「行ってくるね」と教室へ戻る姿を見ると、生徒が一つステップを上る力になれたかなと感じます。

生徒が英語であいさつするようになり、私の理想の英語教育に少し近づいている手応えを感じています。

東京都内公立中学校勤務 として働く O.M.さん

東京都内公立中学校勤務
O.M.さん

教員1年目、理想に燃え大学時代のように授業はすべて英語で行おうと意気込んでいました。しかしほとんどの生徒が理解できないという現実に直面。どうすれば英語で教え英語で学ぶ授業を実現できるのか悩みました。先生方、生徒たちと話す中で「大切なのは授業が面白いと感じられること」と思えるようになってきました。そこで2年目からは世界のサッカー選手の名前や料理、食材など生徒の興味に合わせた題材を組み込むようにし、そこから簡単な会話へとつなげるようにしていきました。すると徐々に生徒たちが変化していき、しばらくすると廊下で会った生徒たちが英語であいさつをしてくれるようになったのです。一つ手応えを感じた出来事でした!

教員1年目で壁にぶつかったとき、失敗を重ねながらも卒業研究をやり遂げた経験が支えになりました。

東京都内私立高校勤務 として働く S.M.さん

東京都内私立高校勤務
S.M.さん

教員1年目で2年生に化学と生物、1年生に化学基礎を教えることになったのですが、さっそく壁にぶつかりました。定期考査で担当クラスの平均点が軒並み低かったのです。同教科の先生が声をかけてくださり生徒との関係性を相談したところ、生徒になめられてはいけないという思いからコミュニケーションが形式的になっていることに気づきました。それが転機になり「もう1回説明するね。わかりやすく教えるよう先生も頑張るからみんなも頑張って」などと、自分の弱さもさらけ出すよう生徒との関わり方を変えていきました。今では生徒からの質問も活発になり、この壁を乗り越えられたのは大学時代の研究室で鍛えられたことも大きいと感じています。

乳幼児から成人・シニアまで、多くの人たちの健康で安全な暮らしを、栄養の専門知識を生かして支えています。

東京都内健康支援センター勤務 として働く S.S.さん

東京都内健康支援センター勤務
S.S.さん

行政機関で管理栄養士として働くには、管理栄養士国家試験と公務員試験の両方に合格することが必要です。2つの試験勉強を両立させるのは私には少し難しいと判断し、在学中は管理栄養士国家試験対策に集中し、卒業して2年間は給食施設のある保育園で現場経験を積みながら公務員試験の勉強をし行政機関の管理栄養士になろうとプランを立てました。現在は乳幼児健診や乳幼児栄養相談、離乳食・幼児食の講習会、成人・シニア向け健康教育などを行っています。実感するのはコミュニケーション力が求められる仕事だということ。室内環境の整備や私自身の対応力も含め、悩みを打ち明けてもらえる、リラックスできる雰囲気作りも大切に実践しています。

東京家政大学の卒業後の進路データ(2018年3月卒業生実績)

就職希望者数: 1,516名

就職者数: 1,491名

就職率: 98.4%(就職者数/就職希望者数)

東京家政大学の資格取得

保育、栄養、服飾、語学、心理、福祉など、各分野の専門職として活躍するための、さまざまな資格取得が可能

身につけたスキルの証明となり、社会での活躍の場を広げてくれる資格。本学では、各学部・学科で専門性の高い資格取得を支援しています。それぞれの資格に対応する授業がカリキュラムに組み込まれているため、無理なく複数の資格取得をめざすことができます。また、専門科目の授業は少人数クラスで実施。各専門分野の学術的知識とともに、実験・実習・演習による技能習得を重視するカリキュラムで専門性を身につけ、社会で活躍する人材を育成します。2018年4月には健康科学部を開設。リハビリテーション学科を新設し、作業療法士・理学療法士等、リハビリ分野で活躍できる人材を育成しています。

主な目標資格

〈家政学部〉 保育士、幼稚園・小学校・中学校・高等学校教諭1種免許状、栄養教諭1・2種免許状、栄養士、管理栄養士国家試験受験資格、食品衛生管理者任用資格、東京都1種公害防止管理者、環境プランナー、衣料管理士【テキスタイルアドバイザー】、インテリアコーディネーター、学芸員 ほか多数 〈人文学部〉 中学校・高等学校教諭1種免許状、総合旅行業務取扱管理者、養護教諭1種免許状、社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験資格、ほか多数  (健康科学部) 看護師・保健師・助産師・作業療法士・理学療法士国家試験受験資格  〈子ども学部〉 保育士、幼稚園教諭1種免許状、特別支援学校教諭1種免許状(知・肢・病)

東京家政大学の就職支援

将来の生き方・働き方をバックアップ。在学中から卒業後まで、あなたの人生をサポートします

東京家政大学では学生が個人の能力と適性に応じた職業につけるよう、さまざまな形で支援。「女性と仕事セミナー」や「企業情報の探し方」などの基礎的な内容から、「アパレル」「栄養士職」「航空系」などの専門分野ごとの業界研究講座まで年間100講座以上のセミナーを実施。また、社会での現場経験・人生経験豊富な就職アドバイザーによる親身な指導・アドバイスにより、学生の夢の実現をサポートしています。先輩たちが綴った「就職活動報告記」や、卒業生から就職時や現在の仕事についての話が聞ける「OG懇談会」も就職活動中の励みになります。さらに、卒業後は勉強会や再就職等の支援を行う全国のOGネットワークも心強い存在です。

東京家政大学の問合せ先

東京家政大学に関するお問い合わせはこちらへ

アドミッションセンター

〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
TEL:03-3961-5228

東京家政大学のアクセス情報

狭山キャンパス

埼玉県狭山市稲荷山2-15-1 地図

最寄り駅:
西武池袋線「稲荷山公園」駅から徒歩3分
西武池袋線「入間市」駅から徒歩10分
西武新宿線「狭山市」駅からバスで12分、「稲荷山公園駅」下車 徒歩3分

板橋キャンパス

東京都板橋区加賀1-18-1 地図

最寄り駅:
「十条(東京都)」駅から徒歩 5分
「新板橋」駅から徒歩 12分

請求できるパンフはこちら

無料
大学案内2020

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。