東京家政大学

  • 976人が検討中

環境教育学科

東京

「くらし」に密着した諸問題を科学的に考察し、環境教育・環境保全活動を実践する力を養成

募集人数 75
初年度納入金 141.25 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東京家政大学 家政学部 環境教育学科の特長

地域や学校、企業などで環境教育・環境保全活動に貢献できる人材を育成

環境のなかでも「くらし」に密着した諸問題について科学的に考察し、私たちが直面している諸問題と、その取り組みについて学習。授業では、実験やフィールドワークなどを重視し、専門的な知識や諸問題を解決するための技術、データを解析し、評価する能力を身につけます。

「くらし」に関するさまざまな領域をテーマに、数多くの実験・実習授業を行います

理科系の実験科目が中心となるため、1年次に「環境基礎実験」「基礎化学実験」「基礎生物実験」等で必須知識の基礎固めをします。2年次以降は8つの専門分野の実験を行い、より高度な実験技術を修得します。実験を通して、環境への意識を高めるとともに、実験結果をまとめてプレゼンテーションするスキルも高めます。

実験・実習を重視した実践的なカリキュラム

生活科学・化学・生物などの領域を数多くの実験・実習科目を通して横断的に学びます。1年次に実験学習を安全に行うために必要な実験の基礎的な知識を身につけ、学年が上がるにつれ専門的な実験学習へと展開。実験科目の授業時間は1年次に42時限、2年次に126時限、3年次には112時限となり、4年次の卒業研究へつなげます。

多方面から環境にアプローチした経験が役立つ

卒業後の活躍分野として、一般企業をはじめ地域等のエコ企画活動、環境分析・環境調査員、技術者、大学院進学など専門性を生かした分野での活躍が可能。また、中学や高校の理科教諭になる卒業生もおり、物理・化学・地学・生物など多方面から環境にアプローチした経験が教育現場で生かされます。

海外で環境保全&英語研修

2018年度はオーストラリア(ブリスベン)、2019年度はハワイ(ハワイ島)で環境保全の実際を学ぶ海外研修を実施。海外の環境保全の現場を体験することで、環境保全の専門スキルや実践的な語学力を身につけました。ホームステイや大学寮に滞在し、実践的な英語力も身につけることができます。

東京家政大学 家政学部 環境教育学科の入試情報

東京家政大学 家政学部 環境教育学科の問合せ先

東京家政大学 家政学部 環境教育学科お問い合わせはこちらへ

〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
TEL 03-3961-5228 アドミッションセンター

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。