東京工科大学

  • 723人が検討中

応用化学科

東京

従来の応用化学分野をベースに、「サステイナブル工学」を追究する次世代のエンジニアを育成

募集人数 80
初年度納入金 161.93 万円(入学金25万円、授業料・諸経費136万9300円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東京工科大学 工学部 応用化学科の特長

「サステイナブル工学(持続可能な社会を実現する工学)」を統一的に学ぶ

さまざまな視野で技術を捉え、原材料の調達から製造、消費、再利用・廃棄にいたるサイクルを評価・設計するという概念を学ぶため、工学部全体でサステイナブル工学基礎を学んだ後、専門科目やプロジェクト演習などのカリキュラムを通して、専門性と実践力を身につけていきます。

次世代の産業社会に求められる「新しい化学材料」の創造(設計)と試作を行う

応用化学科では、有機化学、無機化学、高分子化学、生化学や物理化学といった応用化学の基礎となる専門知識と技術を修得し、化学とバイオの両面から問題解決を試みます。原子・分子レベルからの物質の合成、反応、分析を繰り返しながら、サステイナブル工学に基づく新しい化学材料の創造(設計)と試作を行っていきます。

国際的な舞台で活躍するためのグローバルエンジニア教育

産業においてグローバル化が進む現在、エンジニアにも国際的な教養、語学力が求められています。工学部では、教養教育において豊かな教養や語学力、社会人基礎力を養成。加えて、専門科目の一部においても英語のテキストを用いてサステイナブル工学を学び、テクニカルな記述力やプレゼン力の育成を図っていきます。

産学連携による独自の「コーオプ教育」により、実践力を高め、就業力を強化

新たな教育手法として体系的な「コーオプ教育(Cooperative Educationの略)」を採用。中でも3年次前期に、産学連携により学内外で約2ヵ月間の就業経験を行う「コーオプ実習」では、大学で学んだ知識や技術の意義や課題の発見を通し、勉学意欲の増進や実践力の向上、就業力の強化などにつなげていきます。

幅広い産業での活躍が期待されるほか、大学院進学も選択肢

化学工業、石油産業、鉱業、金属工業、非鉄金属工業、電気・電子産業、輸送用機械器具製造業など、幅広い産業における研究者、エンジニアとしての活躍が期待されるほか、より高度な技術を研究するための大学院進学も選択肢となります。

東京工科大学 工学部 応用化学科の入試情報

東京工科大学 工学部 応用化学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:関電工、ヤマハ発動機、JVCケンウッド、リコージャパン、ケーヒン、太平洋セメント、三菱電機ホーム機器、三菱マテリアルテクノ、関東グリコ、マクセル、クレハ、日本電子、ミツトヨ、ホンダテクノフォート、佐鳥電機、アイダエンジニアリング、アイチコーポレーション、三井金属エンジニアリング、芝浦メカトロニクス、ルケオ、東芝ITコントロールシステム、ワイエイシイホールディングス、東邦化学工業 他  ※工学部の実績

東京工科大学 工学部 応用化学科の問合せ先

東京工科大学 工学部 応用化学科お問い合わせはこちらへ

〒192-0982 東京都八王子市片倉町1404-1
フリーダイヤル 0120-444-903

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。