デザイン学科

東京

自分の可能性に気づき、社会に求められるデザイナーになる

募集人数 155
初年度納入金 189.5 万円(うち入学金25万円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東京工芸大学 芸術学部 デザイン学科の特長

デザインを追求する4領域

世の中はデザインの力で成立しているといっても過言ではない。本学科では、手づくりの良さはもちろん、デジタル技術の面白さにいたるまで幅広い選択演習を通して実践的に学ぶための4領域を用意している(グラフィックデザイン領域/イラストレーション領域/映像情報デザイン領域/空間プロダクトデザイン領域)。

幅広いデザインに触れた上で、自分の得意領域を掘り起こす

多様化する現代のデザイン事情に対応し、総合的にデザインを学ぶ。1・2年次は基礎的なデザイン知識と技術を修得。3年次からは興味や適性に応じて「グラフィックデザイン」「イラストレーション」「映像情報デザイン」「空間プロダクトデザイン」の4領域に分かれ専門性を高める。

それぞれの領域で、社会で活躍できる実践的な力を修得

「グラフィックデザイン領域」では編集や広告のデザインなど。「イラストレーション領域」では絵やキャラクターデザインなど。「映像情報デザイン領域」では映像効果やモーショングラフィックスなど。「空間プロダクトデザイン領域」ではプロダクトデザインやインテリア、商業施設の内装などを、それぞれ学ぶ。

現場の第一線でクリエイターとして活躍中の教員が多数在籍!

広告やグラフィックデザイン、イラストレーション、空間デザインなどの第一線で活躍中の教員が多数在籍。現場の最前線からナマの声を伝えると共に、マンツーマンのきめ細かな指導で学生のオリジナリティを高める。業界注目のデザイナーやアートディレクターを特別講師に迎えての授業もあり、学生は大きな刺激を受けている。

美術の教員免許状取得が可能に!

デザイン学科に取得可能な資格として新たに中学校・高等学校教諭免許(美術)が加わった。将来の進路にひとつ選択肢が増え、卒業生のさらなる活躍が期待できる。

自由にアドビアプリケーションが使用可能

芸術学部では、アドビシステムズと包括ライセンス契約(ETLA)を締結。芸術学部の学生は学内施設および個人PCで「Adobe Creative Cloud(R)デスクトップアプリケーション」(Adobe Illustrator(R)、Adobe Photoshop(R)、Adobe Acrobat(R)など多数)を使用することが可能となっている。

東京工芸大学 芸術学部 デザイン学科の入試情報

東京工芸大学 芸術学部 デザイン学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:(株)資生堂、(株)カプコン、セガサミーホールディングス(株)、太陽企画(株)、(株)博報堂プロダクツ、ヤフー(株)、(株)昭栄美術、(株)小学館スクウェア、(株)コロプラ、(株)タツノコプロ

東京工芸大学 芸術学部 デザイン学科の問合せ先

東京工芸大学 芸術学部 デザイン学科お問い合わせはこちらへ

〒164-8678 東京都中野区本町2-9-5
TEL 0120-466-233(フリーダイヤル)芸術学部入試課

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。