東京女子大学

  • 410人が検討中

情報理学専攻

東京

情報科学・数学の知識とコンピュータを駆使して、自然現象の解明や社会現象の分析ができる力を養う

募集人数 35
初年度納入金 124 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東京女子大学 現代教養学部 数理科学科 情報理学専攻 の特長

情報理学・数学の知識とコンピューターを駆使し、自然現象の解明や社会現象を分析する力を養う

情報理学専攻では、自然現象や身の周りの社会現象の数理モデルのコンピュータ・シミュレーションに力を入れた教育を行なっており、情報科学と応用数理学(物理学、化学、生物学)の両方を学ぶことで、情報科学の基本原理と応用を深く理解する力や情報科学を活用した問題分析・解決能力を身に付ける。

実際に情報技術を活用できる能力を養う、情報科学に重点を置いたカリキュラム

シミュレーション、プログラミング、アルゴリズムとデータ構造、ネットワーク、データベース、オペレーティングシステム、計算幾何学の「情報科学」と物理学、化学、生物学の「応用数理学」がある。1~2年次は数学、自然科学など幅広く学び、これらの基礎的な学びが3~4年次に作成する複雑なプログラムに活かされる。

実際に情報技術を活用できる能力を養う

数理的な理論からプログラミングなどのコンピュータによる実践まで一貫して学び、ICT(情報通信技術)社会で求められる数理的思考力に支えられた柔軟な応用力を備えた人物を育成する。教員ひとりに対する学生数が少なく、教員と学生との距離が近いゼミを通して情報科学や応用数理学の理解を深め、卒業研究をまとめる。

情報科学に重点を置いたカリキュラム

身近な問題を取り上げ、講義とコンピュータによる実習を通して、現象を数理的にモデル化するシミュレーションやそれをさらに深く理解するための解析、幾何学的な問題を解くために効率の良いアルゴリズムやデータ構造を見つけ問題を解く計算幾何学などについて学ぶ。

東京女子大学 現代教養学部 数理科学科 情報理学専攻の入試情報

東京女子大学 現代教養学部 数理科学科 情報理学専攻の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:アクセンチュア、沖電気工業、MS&ADシステムズ、キヤノン、Sky、東京海上日動システムズ、東洋水産、日本IBM、日本銀行、三井住友海上火災保険、三菱UFJ銀行、明治安田生命保険、ヤクルト本社

東京女子大学 現代教養学部 数理科学科 情報理学専攻の問合せ先

東京女子大学 現代教養学部 数理科学科 情報理学専攻に関する
お問い合わせはこちらへ

〒167-8585東京都杉並区善福寺2-6-1
TEL:03-5382-6476(広報課直通 月~金 9:00~17:00)
Eメール:pr@office.twcu.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。