グラフィックデザイン学科

山形

時代や社会の動きとともに変化するグラフィックデザインの新しい可能性を探る

募集人数 68
初年度納入金 151.57 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

東北芸術工科大学 デザイン工学部 グラフィックデザイン学科の特長

相手に伝えるための表現を学び、実社会と直結したデザイン力を身につける

グラフィックデザインは視覚コミュニケーションの主役であり、情報を伝えるための重要な要素。形態・色彩・文字の基本、写真・CG表現なども経験しながら、イラストレーション、WEBデザイン、ポスター、ブック・エディトリアルデザイン、ロゴマーク、商品パッケージなどの課題制作を積み重ねビジュアル表現の力を高めます。

五感を鍛えることで、本質を表現するためのデザイン力を養う

1年次には、視覚だけではなく五感を鍛える演習があります。これは、身体全体を使って作品を制作することによりさまざまな感覚を目覚めさせる授業。大きな紙に身体全体を使って表現するドローイングや、目隠しをして触った感覚をビジュアルで表現する等、伝えるべき情報に温度や質感、感情を込めて表現する感覚を養います。

イラストレーターの擬似体験で、実践力を養う

2・3年生で展開するイラストレーションの授業では、絵具などの画材とコンピュータのグラフィックアプリケーションを同様に扱い、イラスト作品を制作します。自由な表現と実践的な演習を織り交ぜながら、幅広い表現を学び、実際のイラストレーターの仕事を疑似体験したり、絵本の制作やポスターの制作なども行います。

編集能力を身につけて『伝えるデザイン』を学ぶ

エディトリアル、タイポグラフィ、ダイアグラムなどの演習を通じ、情報を集め、切り取り、組み合わせ、再構成するという情報編集の基礎とテクニックを習得。グラフィックソフトの操作や製本実習、印刷工場見学など製作現場に触れる機会も豊富。また、社会と関わる実践的な演習を展開、コミュニケーション能力も培います。

既存の手法にとらわれず、強く確かな未来を切り開くことのできるクリエイターを育成する

グラフィックデザインのグループ演習では、架空の企業や商品を考えるのではなく、実際に街へ出て対象を探し、デザインの力による実現可能なアプローチを提案します。病院など公共のサイン計画や既存の店舗デザイン、街の名産品など身の回りにあるものが対象。 グループ内で話し合い、役割を分担しながら進行していきます。

東北芸術工科大学 デザイン工学部 グラフィックデザイン学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:ソニー(株)、ヤフー(株)、カシオ計算機(株)、新日本プロレスリング(株)、(株)イッセイ ミヤケ、(株)たき工房、TYOグループ、(株)中川政七商店、コンセント(株)、(株)DNPコミュニケーションデザイン

東北芸術工科大学 デザイン工学部 グラフィックデザイン学科の問合せ先

東北芸術工科大学 デザイン工学部 グラフィックデザイン学科お問い合わせはこちらへ

〒990-9530  山形県山形市上桜田3-4-5
TEL 0120-27-8160(フリーダイヤル) 入試課
E-mail nyushi@aga.tuad.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。