同志社大学

  • 5,574人が検討中

理工学部

京都

世界トップレベルの研究施設で学び良心を貫き、時代を拓く科学技術者に


同志社大学 理工学部の特長

学科紹介

<インテリジェント情報工学科>
ハードウェアやセンシング・制御技術、AIの基礎を中心に、コンピュータをより知的にするための情報工学関連技術を学びます。
<情報システムデザイン学科>
ソフトウェアやインターネット、AIの応用を中心に、情報システムのデザインや開発の技術を学びます。
<電気工学科>
電気をライフラインの動力源、通信・制御信号として安定・確実に使用するためのインフラストラクチャ分野、電気機器を効率的に利用する手法を研究するパワーエレクトロニクス分野について学びます。
<電子工学科>
情報のディジタル化や光・超音波・電磁波などによる情報の伝達をテーマとする情報通信分野、ICやLSIなど情報通信機器に不可欠な電子材料をテーマとする光・電子デバイス分野について学びます。
<機械システム工学科>
自動車、飛行機や建設機械のみならず、これらを作る機械、例えば工作機械やロボットなどの設計とそれらを高品質に生産する技術を中心に「ものづくり」の基礎学問を学びます。
<機械理工学科>
理工学と機械工学の知識を幅広く習得すると共に、流動・熱移動・燃焼の物理学、および様々な動力・エネルギー関連機械技術の基礎学問を学びます。
<機能分子・生命化学科>
機能分子の化学と生命化学を二つの柱として、広い視野に立って学習・教育目標を定め、基礎化学の学習だけでなく思考力・応用力を養う実験を重視した教育プログラムを展開しています。
<化学システム創成工学科>
化学工学をもとに新しい化学プロセスへのアプローチを行う学科です。そのため化学および数理基礎を学び、次に反応工学、移動現象などの化学システム工学に必要な学問を学びます。
<環境システム学科>
地球、生命といった大きな視点から私たちの毎日を見直し、地球と人間、社会の環境システムを理解し、様々な環境問題の本質を追究します。
<数理システム学科>
数理科学の基礎から応用まで幅広く学び、理論解析やコンピュータシミュレーション、統計学・データサイエンス等を社会に応用する能力を養います。

設立

近年の科学技術の高度化に伴って工学と理学の境界は必ずしも明確ではなくなり、ライフサイエンス、情報通信、環境、ナノテクノロジー・材料のような重点領域ではむしろ両者を融合させた新しい展開が期待され、これらの分野でも活躍できる技術者・研究者を養成しています。また、世界的な視野で先端技術を学ぶことができるよう「外国協定大学派遣留学制度」などの大学の海外留学制度に加え、学部独自の留学制度の充実を図っています。

同志社大学 理工学部の入試情報

同志社大学 理工学部の問合せ先

同志社大学 理工学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒610-0394 京都府京田辺市多々羅都谷1-3
0774-65-6200 

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。