日本工業大学

  • 218人が検討中

応用化学科

埼玉

化学+科学全般の知識をベースに、スマートなものづくりを学ぶ

募集人数 80
初年度納入金 161.77 万円(入学金含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

日本工業大学 基幹工学部 応用化学科の特長

科学の幅広い分野を学び、化学関連産業に関わる人材に必要な豊かな基礎知識を修得します

新たな物質の合成や製造など、化学は生活を大きく変える可能性を秘めています。ただし実現するためには科学全般の幅広い知識が必要。本学科では化学以外にも物理や生物などさまざまな分野を学び、化学関連産業に関わる人材に必要な豊かな基礎知識を修得。さらに最先端の研究にも取り組み実践的な知識と経験を身につけます。

次世代の産業を支える基盤技術について深く研究します

化学分析・構造解析、創薬・医療・健康、機能性材料・先端材料、物質創製(物質デザイン・材料設計)、バイオエンジニアリング、グリーンケミストリー、光・熱エネルギー変換・反応化学、半導体デバイスセンサー、高分子・ソフトマテリアルなどを研究テーマとして取り組みます。

あらゆる化学分野への就職はもちろん、公務員、教員も目指せます

大学院進学/化学分析技術者/薬品生産技術者/プラスチック・ゴム製品生産技術者/製薬研究・開発技術者/医療機器開発技術者/電子部品・デバイス生産技術者/精密機器生産技術者/光学部品製造技術者/化粧品開発技術者/食品生産技術者/環境分析技術者/教員・公務員など

最先端の研究に取り組み、応用化学に関する実践的な技術と経験を身につけます

3学年では物質デザイン・材料科学・生物工学の分野で実社会で通用する「実践専門科目」を学習。自分の将来像を見据えた専門キャリア教育がはじまります。4学年では修得した知識と技術を駆使し卒業研究に取り組みます。最先端材料や技術の開発に没頭しながら課題解決能力を獲得し、プレゼンテーション技術に磨きをかけます。

日本工業大学 基幹工学部 応用化学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:イーデーエム、荏原フィールドテック、関東日立、キヤノン・コンポーネンツ、きんでん、サイサン、ジェコー、JUKI 、ジャパンエレベーターサービスホールディングス、ショーワ、鈴茂器工、東亞合成、東西しらかわ農業協同組合、東洋システム、日本ブレーキ工業、ニプロ医工、ネグロス電工、JR東日本、日立ビルシステム、平田機工、富士電機、堀川産業、国家・地方公務員、中学・高等学校教員

日本工業大学 基幹工学部 応用化学科の問合せ先

日本工業大学 基幹工学部 応用化学科お問い合わせはこちらへ

〒345-8501 埼玉県南埼玉郡宮代町学園台4-1
TEL 0480-33-7676

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。