日本獣医生命科学大学

  • 454人が検討中

獣医学科

東京

最先端の獣医療を学び、時代のニーズに応える獣医師を育成します

募集人数 80
初年度納入金 263.1 万円(入学金、授業料、実習費等含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科の特長

知識と技術を兼ね備えた総合的な「臨床力」を高めるカリキュラム

獣医師に必要なのは単に臨床の知識や技術だけではありません。高度な治療に加え、看護、栄養、薬剤などの幅広い分野の知識が必要になります。獣医学科では、獣医学の総合的な力が要求される場面で、的確な対処ができるように、基礎から臨床応用まで網羅したカリキュラムを構成して実践力を養っていきます。

人と野生動物の間にある諸問題を考える野生動物学研究室

現代社会では人・産業動物・野生動物の共通感染症対策、希少動物の野生復帰、農作物を荒らすサルやシカなどの管理、外来動物の対策など、獣医学が取り組まなければならない多くの課題が山積しています。野生動物学研究室では人と野生動物の間にある問題を解決するための研究をしています。

水生動物たちに発生する、さまざまな病気を探る水族医学研究室

水族医学研究室では、水生動物たちに発生する、さまざまな病気について顕微鏡で直接観察して調べるほか、遺伝子を用いた方法や免疫系を調べる方法で研究しています。また、我々の眼を楽しませてくれる海獣類を含む水族館飼育動物や観賞魚の健康管理の技術についても研究しています。

外科療法を効果的に行うための技術を磨く獣医外科学研究室

獣医外科学は、外科療法(手術療法)により動物の病気を治療することを目的とした学問です。獣医外科学研究室では、外科療法が適応となる疾患の病態発生のしくみ、正確な診断法、外科療法を効果的に行うための安全な麻酔・鎮痛法、そして手術方法などについて研究しています。

小動物や産業動物の臨床獣医師、公務員、企業の研究員など幅広い分野で活躍

卒業生の就職先には、犬や猫などの小動物を対象とした小動物臨床獣医師、牛や豚などの産業動物を対象とした産業動物臨床獣医師、公務員獣医師(国家・地方)、地方公務員、製薬会社の研究員(獣医師)などがあります。また、更なる獣医学のスペシャリストを目指して大学院に進学する卒業生もいます。

最先端の獣医療を学び時代のニーズに応える獣医師を育成

獣医学科は、高度先端獣医療及び生命科学領域の進展等の新たな社会の変化に対応できる先導的な獣医学の教育・研究を行い、自ら学び、考え、問題を解決する能力を養うことによって、飼育動物診療、動物に関する保健衛生の向上、畜産業の発達、並びに公衆衛生の向上に寄与する獣医師を育成します。

日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:全国各種動物病院、十勝NOSAI、日本中央競馬会、家畜改良センター、農林水産省、埼玉県・神奈川県(獣医師)

日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科の問合せ先

日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科お問い合わせはこちらへ

〒180-8602 東京都武蔵野市境南町1‐7‐1
TEL:0422-31-4151(入試課)
kouhou@nvlu.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。