日本大学

  • 10,337人が検討中

生命化学科

神奈川

生命・食・環境など多彩な領域に及ぶ諸問題を化学の知識とバイオテクノロジーで解決する学科

募集人数 130
初年度納入金 166 万円(入学金26万円含む。諸会費等除く)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

日本大学 生物資源科学部 生命化学科の特長

化学を基盤としたライフサイエンスの幅広い知識と技術を身につける

1.生命現象に関わる物質の構造と機能の解明、2.生物資源の増産およびその有効利用、3.食料・食品に含まれる物質とその機能の解明、4.生物を利用した環境の保全と修復などについて、化学を基盤とした講義、演習、豊富な実験からなる洗練された特徴的なカリキュラムを通して学ぶ

化学とバイオテクノロジーで健康で快適な生活環境を実現する『生命化学概論』

動物・植物・微生物の生命現象と生物が生産する物質を対象に、方法論としての化学と最先端のバイオテクノロジーがその解明のために如何に有効であるか、具体例を挙げて解説する。生命・生物への理解を深め、そこから得られた様々な知見を人の健康や食の創造、環境の保全などの問題解決に応用し、社会貢献につなげる

生物が生産する機能性物質を生活、医療、環境、産業に利活用することを考える『応用生物化学』

食品生産・加工、医薬品、臨床検査、およびトイレタリーなどへの酵素や酵素を生産する生物自体の利活用について、酵素開発の歴史を踏まえた上で現状について解説する。また、持続的な生産が可能な各種バイオマス資源の利活用、生物を利用した環境浄化、抗生物質の生産と利用、および保健機能食品についても触れる

実証・実践能力を身につけるための実験科目が充実!

「生物機能の解明」、「生物利用技術の開発」などの研究手法を実験を通して学ぶ。1年次で実験の基礎を、2・3年次に専門実験を受講することができる。豊富な実験科目から得た技術および講義で学んだ知識を活用し、4年次ではより専門的、実践的な卒業研究に取り組む。レポート作成、プレゼンテーション能力も養う

バイオサイエンス分野を中心とする多岐にわたる就職先、大学院への進学率も高い

食品関係をはじめ、医薬品、化粧品、化成品、香料、農薬、環境化学など多種の業種に就職できる。これは化学・バイオテクノロジーを基盤とする充実したカリキュラムによって生命・食・環境などを幅広く学べる本学科ならではの特徴である。公務員や教員を目指す人もいる。また、さらなる専門性を求め大学院へ進学する人も多い

教育と研究を支える充実した最新の設備・施設

1~3年次に実験を行う学生実験室は、清潔で広くて機能的。また、菌類培養室、植物組織細胞培養室、有機合成反応室、低温実験室などの多様な施設があり、最新鋭の分析機器、実験設備が共通機器室および各実験室に配置され、最先端の研究をサポートしている。また、明るくきれいな講義室、研究室も大変魅力的

日本大学 生物資源科学部 生命化学科の入試情報

日本大学 生物資源科学部 生命化学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:キユーピー醸造、山崎製パン、カネコ種苗、全薬工業、横浜市役所、藤沢市役所、エスケー化研、JFE環境、一般財団法人 食品環境検査協会、中北薬品、長岡香料、一般財団法人 日本食品分析センター、東ハト、巴商会、ロピア、JAさがみ(協)、警視庁、旭化成ファーマ、日立ICTビジネスサービス、キヤノンシステムアンドサポート

日本大学 生物資源科学部 生命化学科の問合せ先

日本大学 生物資源科学部 生命化学科お問い合わせはこちらへ

〒252-0880 神奈川県藤沢市亀井野1866
TEL 0466-84-3812

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。