八戸工業大学

  • 25人が検討中

電気電子工学科

青森

電気電子・情報通信技術を融合し、地球環境問題に対応できる応用力・構想力を備えた技術者を育成します

募集人数 60
初年度納入金 154.3 万円(入学金、施設設備費、実験・演習実習費、委託会費を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

八戸工業大学 工学部 電気電子工学科の特長

電子のミクロレベルから、宇宙における情報通信技術まで、多彩な技術にチャレンジ

電気電子・情報通信技術は産業から私たちの生活までを支える、現代社会になくてはならない技術となっています。電気エネルギー分野、電子デバイス・システム制御分野、情報・通信・メディア分野に大別される電気電子・情報通信技術を融合し、地球環境問題に対応できる応用力・構想力を備えた技術者を育成します。

幅広い専門能力をもった技術者を養成する「電気エネルギーコース」

下敷きをこすり頭に近づけると髪の毛が引きつけられます。このわずかな静電気が発電の基本です。これが集まると大都会を動かす巨大な電気エネルギーとなります。こうした電気のダイナミックさを学ぶコースです。

各専門分野の技術者を養成する「電子通信制御コース」

スマートフォンは電波で通信を行っています。これを生み出すのが目に見えない小さな電子です。これが動くと電波を出します。社会では壮大な情報信号が行き交っています。この電子の使いこなし方を学ぶコースです。

チャレンジ精神に富んだ企画力、設計力を育むための豊富な実習内容が充実

入学時には発電機、太陽電池、ロボット制御などの実験で1人1個ずつ「ものづくり」を体験し、電気・電子工学分野への関心を高めます。3年次以降は電力計測、電力ネットワークのコンピューターシミュレーション、風力発電模擬実験などの実験装置を自分で考え操作し、技術者としての実務感覚を養うことができます。

大学の屋上に太陽パネル!使用状況がわかる省エネナビゲーションモニタも設置しエコ化を目指す

電力システム工学というフィールドで、太陽光発電や風力発電などの自然エネルギーに関する研究を行っています。本学の屋上には太陽光発電システムの設備を設置し、電力の一部を学内に供給しています。また、地元NPO法人の依頼で、太陽光だけで走る「ソーラー漁船」を開発するなど、地域に根ざした研究も行っています。

学生がいつでも自由に使える実習室「エジソンクラブ」で好きなときに工作が可能

学生が実技実習や資格取得のための練習や電子部品などを使った装置を作るためのパソコンから工具、ハンダ、工作部品などが用意され自由に使える電気工作室「エジソンクラブ」があります。いつでも自分の作りたい電子回路やロボットを製作することができます。希望する材料の手配や指導も受けられる充実した施設です。

八戸工業大学 工学部 電気電子工学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:JFEスチール(株)、(株)ユアテック、(株)きんでん、東北電力(株)、(株)NTTファシリティーズ東北、東芝プラントシステム(株)、(株)関電工、東日本旅客鉄道(株)

八戸工業大学 工学部 電気電子工学科の問合せ先

八戸工業大学 工学部 電気電子工学科お問い合わせはこちらへ

〒031-8501 青森県八戸市妙字大開88-1
フリーダイヤル 0120-850-276(入試課)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。