言語聴覚療法学科

兵庫

コミュニケーションや摂食・嚥下障がいをもつ人々を支援する言語聴覚療法を学ぶ。

募集人数 20
初年度納入金 185.33 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

姫路獨協大学 医療保健学部 言語聴覚療法学科の特長

言葉の障がいが人に及ぼす影響を学び、科学的知識に裏付けられた言語聴覚士を養成

言語聴覚士は言語を中心とするコミュニケーション障がいをもつ人々のリハビリテーションを担う国家資格の医療専門職で、摂食・嚥下(えんげ)領域もその対象。言葉の障がいが及ぼす影響を医学、心理学、言語学、社会福祉学など多様な観点から学び、高度な科学的知識に裏付けられた豊かな人間性をもつ言語聴覚士を養成します。

1学年20名の少人数体制により、きめ細かな指導を行う

コミュニケーション障がいに関する高度な科学的知識に裏付けられた豊かな人間性と鋭い感性をもち、臨床と研究に優れた力を発揮できる言語聴覚士を養成するため、1学年20名の少人数体制により、きめ細かな指導を行います。3年次、4年次には臨床実習、4年次には卒業研究により、言語聴覚士に必要な問題解決能力を養います。

言語・聴覚障がいの概念と検査手技、訓練法を学ぶ

講義で学んだ言語・聴覚障がいの概念を踏まえ、各種検査手技や訓練法を修得します。また、摂食・嚥下の臨床に必要な衛生手技や栄養管理の概要なども学習。障がいレベルに応じた検査の選択・実施と、結果の解釈、さらに患者さまの生活の質的向上を目指しながら適切な訓練法の選択ができるようになることを目標とします。

全国の第一線クラスの病院で臨床実習を実施

3・4年次から、全国の第一線クラスの病院で臨床実習を行います。実習では現場の先生や先輩たちの指導のもと、これまでに学んできた知識を実践していきます。患者さまとの交流を通じ、技術だけでなく社会人としてのマナーも身につけ、人間的にも成長できる機会です。

少人数とチューター制等で、国家試験合格に向けてサポート

担当教員が担任をする『チューター制度』や先輩による「メンター制度」を導入し学生をサポート。また、グループ学習も充実させ、理解度とモチベーションを高め、2018年度国家試験合格(新卒)100%(15名)、2019年度国家試験合格(新卒)100%(14名)を達成しました。卒業後の進路は、病院やリハビリテーションセンターなどです。

教育・研究の拠点となる地上7階建ての医療保健学部棟

患者さまの発話や声のサンプルデータを分析する設備(音響ラボ)や、聴覚障がいのスクリーニングや評価に必要な聴力検査機器など最新の機器が充実しています。これらを使って各種演習や臨床実習など、実践的なスキルを着実に養うカリキュラムを備えています。

姫路獨協大学 医療保健学部 言語聴覚療法学科の入試情報

姫路獨協大学 医療保健学部 言語聴覚療法学科の問合せ先

姫路獨協大学 医療保健学部 言語聴覚療法学科お問い合わせはこちらへ

〒670-8524 兵庫県姫路市上大野7-2-1
TEL:079-223-6515
nyushi@gm.himeji-du.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。