武蔵野美術大学

  • 817人が検討中

基礎デザイン学科

東京

デザインの諸領域を、科学・芸術・哲学を包括する生成の思想としてとらえ、デザインのあるべき姿を考え続ける。

募集人数 73
初年度納入金 187.09 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

武蔵野美術大学 造形学部 基礎デザイン学科の特長

《1年次》近・現代のデザイン思想に触れ、具体的な事例を通して学ぶ

本学科の根底にあるのは「デザイン学」です。その基盤となる【デザイン論】では、近・現代のデザイン思想の源泉に触れ、デザイン領域で提起されてきた問題や創造的糸口を具体的な事例を通して学び、その実践の場となる【形態論】【色彩論】で「かたち」や「いろ」の生成のもととなる造形原像を探ります

《2年次》デザイン理論の学習と実践を深め、デザインに関わる諸学問へ視野を広げる

[デザイン論][形態論][色彩論]を中心にデザインに関わる理論の学習と実践を深化させ、デザインの諸問題を考察していきます。本学科の理論的支柱である[記号論]においては造形言語を構造的に学びつつ各種研究を選択し、具体的なデザイン・プロジェクトを通してデザインテーマや問題領域の発見・追求をしていきます

《3年次》各自の将来の方向性に応じて学んでいく

「デザイン演習I」は、ヴィジュアルコミュニケーション、プロダクト領域、インフォメーションを軸とした科目群があり、デザイナーの実体験が生かされた意見・思考などから、変動するデザインの知見・見識を得られます。各自の関心や将来の方向性に応じて学ぶことが可能。また理論演習を通してデザインの新領域を探究します

《4年次》ゼミナールを選択し、各自のデザインテーマを発見・探究していく

「デザイン演習II」は、ゼミにおいて各自の研究テーマを発見・探究し、卒業論文・制作へと展開していく場です。4年間の学習成果が反映されていることが求められ、「デザイン学」の理念に基づいて横断的な学問分野の視点から社会への問題解決の提言や、デザインの脱領域的な取り組みが期待されます

卒業後は、既存の領域にとどまらない学際的な活動を展開する者も輩出

企業内のデザイナーとして製品の企画・開発・デザインに携わる者、あるいは広告、エディトリアル、パッケージなど、広義のグラフィックデザインに携わる者などさまざまな進路が開けています。出版や教育、キュレーター(学芸員)など、文化的・学際的な領域で活躍する卒業生も数多くいます

〈一般方式〉〈センターA方式〉〈センターB方式〉〈公募制推薦入学試験〉

〈一般方式〉:国語・外国語+専門試験。すべて大学独自の試験。〈センターA方式〉:センター試験指定科目+専門試験。専門試験は〈一般方式〉と〈センターA方式〉共通で併願しやすくなっています。〈センターB方式〉:センター試験指定科目のみで受験可能。そのほか、受験生の特性を重視する公募制推薦入試を実施します

武蔵野美術大学 造形学部 基礎デザイン学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:ライオン、東京ニュース通信社、スタジオシモムラ、博報堂、TASAKI、トンボ鉛筆、あとらす二十一

武蔵野美術大学 造形学部 基礎デザイン学科の問合せ先

武蔵野美術大学 造形学部 基礎デザイン学科お問い合わせはこちらへ

〒187-8505 東京都小平市小川町1-736
TEL042-342-6995 入学センター

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。