電気電子工学科

北海道

「新エネルギーシステムの開発」と「最新の電子機器デザイン」の両方を一挙に楽しめるエンジニアを育成

募集人数 80
初年度納入金 160 万円(別途、その他の経費がかかります)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

北海道科学大学 工学部 電気電子工学科の特長

あらゆる分野を動かす電気エネルギーについて学ぶ

停電が起きた時に感じる不便や不安。いまや電気エネルギーは最も深く人々の生活に浸透している重要なエネルギー源です。そして、風力や太陽光、地熱に潮流の利用など、地球環境に優しい電気エネルギーを作り出す技術もここにあります。そんな既存の電気エネルギーから未来に向かう技術までを学ぶことができます。

これからの安心・安全・豊かさを提供する電気電子・制御・情報工学を学ぶ

自動運転の開発に不可欠なセンサ・デジタル制御回路。ドローンを安定して動作させる三軸加速度センサやジャイロセンサ、センサからの膨大な情報を処理するためのAI・データサイエンス、全てのモノをインターネットにつなげるIoT、建物の中を照らす心地よい照明器具。これらすべてが電気電子工学技術の産物です。

あなたの活躍できる場面が必ずできる、学びの場

先進医療には高度な医療機器が不可欠です。身近な電子体温計から、CT装置にMRI装置、超音波診断装置に手術ロボットまで、ありとあらゆる医療機器は最新の電気電子工学技術によって実現されています。このように医療分野まで網羅する電気電子工学だからこそ、あなたが活躍できる場面が必ずあります。

普通高校出身者でも安心な、基礎からじっくり学べるカリキュラム

1~2年次では、すべての基本となる数学や電気回路を基礎からじっくりと学んでいきます。また、入学当初からパソコン上で高機能な回路シミュレータを活用して勉強したり、電気電子の世界の醍醐味を「ものづくり」を通して体感できる実験もあるなど、五感を通して必要なセンスを身につけていくことができます。

エネルギーから情報、ソフトウェア、IoT 、AI、そして宇宙へ

基本技術を学んだ後は、より専門的な電気エネルギー系、制御・情報系、ソフトウェア系、AI・IoT・データサイエンス系、計測制御系、センサ工学系、デバイス系、宇宙工学系の科目を選択して学べるようになっています。これらを組み合わせれば、どんなシステムも実現可能。やる気に応じて無限の可能性が広がっていきます。

全員が資格を持って卒業することを目指している学科です

お飾りではない、実学に基づく資格取得を積極的にサポートしています。正課でのサポートはもちろん、受験時期が近くなると個別に受験対策講座も実施しています。電気主任技術者(一種)の認定校になっているのは、道内私大では本学科のみ。このように、資格に強い学科となっています。

北海道科学大学 工学部 電気電子工学科の入試情報

北海道科学大学 工学部 電気電子工学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:JFEスチール、東日本旅客鉄道、北海道電力、日本コムシス、きんでん、東芝三菱電機産業システム、東芝プラントシステム、北海道旅客鉄道、日比谷総合設備、ミライト、日鉄住金テックスエンジ、太平電業、北海電気工事、北海道パワーエンジニアリング、日本リーテック、サンテック、東光電気工事、三菱マテリアルテクノ、ピー・シー・エー、北弘電社、アイコムシステック、六興電気、HBA、旭日電気工業、浅海電気、末廣屋電機、北海道電気保安協会、振興電気、ネクスコ・エンジニアリング北海道、ドコモCS北海道、三和工機、美和電気工業、北海道電気技術サービス、日本アイビーエム・ソリューション・サービス、ラムダシステムズ

北海道科学大学 工学部 電気電子工学科の問合せ先

北海道科学大学 工学部 電気電子工学科お問い合わせはこちらへ

〒006-8585 北海道札幌市手稲区前田7条15丁目4-1
フリーダイヤル 0120-248-059 
nyushi@hus.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。