都市環境学科

北海道

自然との共存を目指し、人にやさしく、災害に強い安心・安全な都市空間を創造するエンジニアを目指します

募集人数 50
初年度納入金 156.23 万円(その他経費は、変更となる場合があります)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

北海道科学大学 工学部 都市環境学科の特長

環境問題を解決に導き、人と自然にやさしい都市環境を創る技術者を育成

環境問題、自然災害、エネルギー問題などの課題に対し、安心・安全な都市づくりを実現できるスペシャリストを育成します。自然環境、都市・交通、防災などの専門知識とフィールドワークを通じて、幅広い視野と技術を身につけます。

フィールドワークを中心にした実践的なカリキュラムで即戦力を身につける

本学科では、環境工学と土木工学の基礎を修得します。自然豊かな北海道をフィールドにした豊富な実習を通して、都市環境の測定・調査・設計の手法を身につけ、さらに専門性を深めます。また、都市計画や交通計画を学び、使う側の視点に立ったまちづくりのために必要なプランニングやデザイン能力を身につけます。

カラーユニバーサルデザインで誰もが使いやすい施設を研究する石田先生のゼミ

色の見え方は人によって様々です。中には、公共の道路標識や地図などが見えにくいと感じる人もいます。石田先生のゼミでは、誰もがこのようなハンディを負うことがないよう配慮したカラーユニバーサルデザインの観点から、使いやすい公共施設の在り方を研究しています。

積雪地域における太陽光発電システムの適応に関する研究

細川先生の研究室では、“北の技術は北から”を合言葉に、雪国における生活の中で雪や氷によって発生する問題点について、実用的な解決方法を探るため、冬期間のフィールド実験を中心に研究を行っています。研究室では近年、積雪による発電障害を受けにくくする太陽光発電システムの開発にも力を入れています。

大学祭で展示・プレゼンテーションを行う「都市環境展」

大学祭の恒例となった都市環境展では、学生がグループごとにコンセプトを立て、研究成果や安心・安全な都市環境づくりに必要な技術を紹介しています。来場された一般の方の意見を聞き、研究活動のヒントを得る貴重な場でもあります。近年は液状化実験やiコンストラクションなどを展示し、学生がプレゼンを担当しています。

北海道科学大学 工学部 都市環境学科の入試情報

北海道科学大学 工学部 都市環境学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:戸田建設、伊藤組土建、淺沼組、岩田地崎建設、熊谷組、新太平洋建設、砂子組、中山組 、西村組、南組、宮坂建設工業、こぶし建設、ドーピー建設工業、大成ロテック、道路工業、東亜道路工業、NIPPO、前田道路、ネクスコ・メンテナンス北海道、開発虎ノ門コンサルタント、開発工営社、開発調査研究所、パブリックコンサルタント、アイネス、中神土木設計事務所、北海道開発局(国家II種)、北海道職員(総合土木A)、小樽市役所、白糠町役場、北海道北見工業高等学校(教員)

北海道科学大学 工学部 都市環境学科の問合せ先

北海道科学大学 工学部 都市環境学科お問い合わせはこちらへ

〒006-8585 北海道札幌市手稲区前田7条15丁目4-1
フリーダイヤル 0120-248-059
nyushi@hus.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。