北陸大学

  • 48人が検討中

国際コミュニケーション学部

石川

2021年4月、心理社会学科誕生!語学力と国際感覚を持ったグローバル人材、心理学の専門性を備えたゼネラリストを養成

募集人数:125

初年度納入金:130 万円(入学金20万円を含みます)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

学科・コース名 募集人数
国際コミュニケーション学科 80
心理社会学科(仮称)
2021年4月設置予定(構想中)
45

北陸大学 国際コミュニケーション学部の特長

【心理社会学科】時代に求められ、社会で役立つ「これからの心理学」を学ぶ

教育理念を「人間の心理と行動、社会の諸問題を探究し、健やかな人間社会の構築を目指す」とする心理社会学科では、以下を学びの柱としています。
■心理学を幅広く学ぶ
心理学の基礎と研究法をはじめ、「社会・産業心理学」「臨床心理学」「教育・発達心理学」「認知・神経科学」の4領域を幅広く段階的に学ぶことで、心理学に関わる高度な専門知識をしっかりと身につけていきます。
■現代社会の課題を知る
グローバリゼーション、多文化共生社会、経済、地域、家族、組織、働き方、ジェンダー、環境など、現代社会が抱える諸問題に対する理解を深め、私たちが生きるこれからの社会の課題について多角的な視点で考えます。
■人間を総合的に理解する
さまざまな社会問題や社会現象と人間の心理、行動との関わりを科学的手法で解き明かし、現代社会に生きる人間を総合的に理解します。哲学や社会学、経済学など、心理学に隣接する教養も幅広く学び、深い人間理解へとつなげます。
■課題解決能力を身につける
心理学の研究法である実験、調査、観察、データ解析などの手法を用いて、自ら発見した課題に取り組みます。課題に取り組む際のプロセスで培うデータ解析力やディスカッション能力、プレゼンテーション能力などは、社会で生きるスキルとなります。

【国際コミュニケーション学科】国際関係、文化観光の多彩な国内・海外プログラム

日本・国際理解科目を配置し、世界情勢を知り、日本の魅力を学びます。その実践の場として、キャンパス内外で外国人教員・留学生との交流を通して異文化理解を深めるプロジェクトを行います。例えば、文化観光プログラムとして兼六園でのスポットガイドなどを行っています。また、多くの姉妹校、友好校への豊富な留学プログラムや海外インターンシップ、海外ボランティアなどの研修を通して、国際感覚を磨きます。

【国際コミュニケーション学科】コミュニケーションと資格取得、両立した外国語習得を!

語学教育プログラムの特徴は、チームティーチングです。例えば英語ではレベル別の少人数クラス制を導入し、日本人教員と外国人教員がチームとなって教えます。これにより、日本人に合った英語教育と、世界で通用する英語力を磨きます。英語の到達目標はTOEIC(R)LISTENING AND READING TEST750点です。
英語に加えて、中国語も学べます。1年次は2言語とも学び、2年次に英語か中国語を選択します。中国語でも資格取得とコミュニケーションの両立を行います。中国語の到達目標は、中国語検定試験準1級です。中国語専攻の学生を対象に本学で2年間+中国の大学で2年間学び4年間で両大学の学位取得が可能なダブルディグリープログラムを導入しています。

【心理社会学科】心理学の専門的な学びに裏付けされた高いコミュニケーション能力を身につける

【1年次】心理学の基礎を学び、現代社会について理解を深めます。
心理学を学ぶための基礎を幅広く学ぶほか、情報処理、英語、異文化に対する理解を深めます。
【2年次】データ解析を用いた心理学の研究法と専門科目を学びます。
心理学を研究するためのさまざまな研究法を学ぶほか、家族、社会、集団、児童、青年など、さまざまな人の心理について学びます。
【3年次】より深く、高度な知識とコミュニケーション能力を身につけます。
ゼミナールを通してグループで研究の立案、実験、結果の考察、まとめを行うほか、より高度で幅広い知識を身につけます。
【4年次】各自の興味・関心をもとに卒業研究に取り組み、卒業論文を完成させます。
3年次までの学びを振り返り、各自の興味・関心をもとに卒業研究に取り組みます。担当教員の個別指導で、1人ひとりきめ細かくサポートします。

先生が語るうちの学部「グローバル人材」に加え、「心理学のゼネラリスト」を育成します

北陸大学は1975年の開学以来、「健康社会の実現」を使命としてきました。多様な文化、背景、価値観を持つ人々が共生する現代社会においては、語学力や国際感覚はもちろん、相手の気持ちを深く理解して、良好な関係を築くことができる広い意味でのコミュニケーション能力が求められます。現在、設置構想中の「心理社会学科(2021年4月新設予定)」は、複雑化した現代社会に生きる人間の心理と行動、その背景にある社会問題や現象を探究する学科です。国際コミュニケーション学部は、語学力と国際感覚を持ったグローバル人材を養成する「国際コミュニケーション学科」と、心理学の理論と技能に基づいたコミュニケーション能力の高い人材を養成する「心理社会学科」の2学科で、健やかな社会の実現に貢献できる人材を育成します。(学部長 桧森 隆一)

【心理社会学科】

心理専門職である「公認心理師」や「臨床心理士」など、学生の希望に応じたバックアップ体制を用意。心理のスペシャリストに必要とされる各種資格取得に向けて徹底サポートします。
【取得可能資格(申請予定)】
日本心理学会認定心理士、日本心理学会認定心理士(心理調査)、社会調査士
【目標とする資格(申請予定)】公認心理師[国]受験資格(大学院での履修または実務経験が必要)。

【国際コミュニケーション学科】取得できる資格

中学校教諭一種免許状「英語」[国]、高等学校教諭一種免許状「英語」[国]

「Communication Oasis MOGU MOGU」

「Communication Oasis MOGU MOGU」は、日常生活から国際感覚が養えるよう、留学生と交流することができ、また外国語のネイティブ教員も常駐するコミュニケーション・スペースです。学内にいながらまるでおしゃれなカフェにいるような雰囲気の中、楽しみながら外国語に触れることができます。先輩による留学体験報告会などのイベントも行われ、外国語や異文化について学ぶには最適な空間です。カフェメニューも充実しており、学生たちの憩いの場となっています。

国際コミュニケーション学部 国際コミュニケーション学科

北陸大学は伝統的に外国語教育・国際教育が盛んで、国際コミュニケーション学部国際コミュニケーション学科はその集大成の学部・学科です。1年次より英語、中国語の語学科目が配置され、学生の習熟度に合わせた日本人教員と外国人教員のチームティーチングによる教育で、本格的な語学教育プログラムが実施されます。日本と国際情勢を理解するための科目が数多く用意され、多くの企業が求めるグローバル人材を育成します。

国際コミュニケーション学部 心理社会学科

情報技術の発展、グローバル化が進み、成熟社会を迎えた今、学校や職場、地域、家庭など、社会全体のあらゆる場面でさまざまな問題が起きています。多様な文化、背景、価値観を持つ人々が同じ社会で暮らし、より良い関係を築いていくためには、人間の心理と行動、その背景にある社会問題や現象に広く目を向け、深く理解することが大切です。2021年4月開設予定・設置構想中の心理社会学科では、「こころの時代」と言われる21世紀において、心理学の理論と技能に裏付けされたコミュニケーション能力をもって社会の課題解決に取り組むことのできる人材を育成します。

北陸大学 国際コミュニケーション学部の入試情報

北陸大学 国際コミュニケーション学部の問合せ先

北陸大学 国際コミュニケーション学部に関するお問い合わせはこちらへ

〒920-1180 石川県金沢市太陽が丘1-1
0120-50-4969

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。