名古屋外国語大学

  • 1,089人が検討中

中国語学科

愛知

歴史ある文化と影響力を増しつつあるビジネスのフィールドでますます注目を浴びる中国語を磨き上げる

募集人数 65
初年度納入金 139.5 万円(入学金20万円、授業料76万5000円、教育充実費38万円、演習費5万円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

名古屋外国語大学 外国語学部 中国語学科の特長

実践的な中国語運用能力とともに中国の文化やビジネスに関する知識と教養を身につける

中国語の学びを中心に、中国語の構造や歴史、中国の文学や思想、中国語圏の文化比較など、さまざまな角度から中国文化を学びます。また、中国の経済・経営を学び、ビジネスの分野で求められる中国語と専門知識を同時に身につけます。

中国語と中国の文化・社会を理解するための「2つの系」の学び

中国語の構造や歴史、中国の文化、文学、思想を学ぶ「中国語・中国文化系」とビジネスの分野で求められる専門知識と中国語を同時に学ぶ「中国ビジネス系」の2つの系から自分の志向に合わせて科目を選択し、中国語や中国の文化・社会を複眼的に理解していきます。

日本人教員と中国人教員をバランスよく配置し、基礎から実践へと段階的な学習を実現

ほとんどの学生が大学ではじめて中国語に触れるため、日本人教員と中国人教員をバランスよく配置。1年次では日本人教員が日本語でわかりやすく文法を解説し、学んだ文法を中国人教員の授業で会話するなど、繰り返しのなかで日常会話力を身につけます。3年次には多くの学生が留学へ挑戦しています。

「英語PUT」を1年次に、「中国語PUT」を2年次に。英語と中国語の「ダブルPUT」を実施

学生4人に対して外国人教員1人で行われる超少人数授業「PUT(パワーアップチュートリアル)」。中国語学科では1年次に英語でのPUTを、2年次からは中国語のPUTを開講。ネイティブスピーカーが発する生きた「英語」と「中国語」を通じ、語学力の向上とともにさまざまなモノの見方や考え方に触れることができます。

日本人学生の留学比率ランキング3年連続全国私大1位*。世界28の国と地域147大学の独自協定校

留学奨学金制度やTOEFL対策講座、安全面への配慮など、万全のサポート体制で支援。より多くの学生が留学を経験できるよう、期間や目的、国や地域など学生の希望に応じて選択できる多彩なプログラムを設けています。*「Times Higher Education 世界大学ランキング日本版2018~2020」より

北京・大連・西安・天津・上海・台湾にある11大学が独自の「長期留学」提携校です

留学中は大学で語学力の向上と同時に中国の歴史、美術、音楽などに触れ、幅広い中国文化の知識を身につけます。また、留学先の大学の中国人学生と日本人留学生が互いの母語を指導しあう「相互学習」を課外授業として取り入れている大学もあります。さらに、中期留学(インターンシップ留学)も実施しています。

名古屋外国語大学 外国語学部 中国語学科の入試情報

名古屋外国語大学 外国語学部 中国語学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:トヨタ自動車、スズキ、ヤマハ発動機、ジェイテクト、東日本旅客鉄道(JR東日本)、日本通運、Shangri-La Hotels Japan、JTB、楽天、野村證券、名古屋市役所、岐阜県庁、名古屋市教育委員会、法務省出入国管理局

名古屋外国語大学 外国語学部 中国語学科の問合せ先

名古屋外国語大学 外国語学部 中国語学科お問い合わせはこちらへ

〒470-0197 愛知県日進市岩崎町竹ノ山57
TEL0561-75-1747 広報企画室

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。