観光産業専攻

沖縄

観光産業分野で専門知識を発揮して、国際社会と地域社会に貢献できる人材を育成します

初年度納入金 70.55~83.05 万円(地域内(沖縄本島北部12市町村)70万5460円/地域外(左記以外の県内、県外)83万460円)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

名桜大学 国際学群 観光産業専攻の特長

日本を代表する国際的なリゾートエリアで観光の理論と実践を学びます

観光立県を目指す沖縄県では観光産業の振興をリードするスペシャリストの育成が急務となっています。本専攻では生きた教材である「やんばる」の自然豊かな環境のもとでの教育・研究活動を通して、自然・環境に配慮した観光振興や歴史・文化プログラム等、視野の広い観点から地域に貢献できる人材を育成します。

3つのコースで経済発展の原動力となる観光産業を支える力を身につけます

「環境・エコツーリズムコース」では野生生物観察等の野外活動を通して環境の保全と持続可能な活用方法を学びます。
「観光政策・ビジネスコース」では地域振興や観光施設のソフト・ハードについて学び、政策立案について考えます。
「観光文化コース」では外国語と、やんばるの文化・芸能・歴史について学びます。

観光に必要な理論と現場で求められる実践を学べるカリキュラム

◆レジャー・レクリエーション論
労働とレジャー、観光との関係、活動の現状や課題について考察します。
◆観光学概論
沖縄の事例を通して観光産業、観光旅行者の視点について学びます。
◆観光政策論
地域が目指す将来像に向けての観光政策のシナリオをつくる考え方と方法を学びます。

海外インターンシップや本島北部地域のホテルで実務研修を実施

マレーシア、韓国、台湾のホテルや旅行会社で3~4週間の海外インターンシップを実施。語学力と国際感覚を磨きます。また、本専攻では沖縄本島北部のリゾートホテルとの提携により、学生に実務研修の機会を提供。数週間のホテル勤務を経験して、ホテル・観光業の基本業務を学ぶことができます。

「都庁職員として、いましかできない貴重な体験をして、今後の仕事に役立てたい」

「全学卒論発表会での受賞、LLCでのチューターリーダー経験、MWCの立ち上げ、ゼミ活動など、大学では様々なことを経験できました。将来の目標は観光施策に携わること。周囲の職員や関係者から多くのことを学び、いましかできない貴重な経験で得たことを今後の仕事の糧にしたいです」。
(東京都庁勤務/中園 亜依さん)

名桜大学 国際学群 観光産業専攻の入試情報

入試一覧

名桜大学 国際学群 観光産業専攻の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:日本航空(株)、(株)オリエンタルフーズ、(株)沖縄ファミリーマート、セイカ食品(株)、ANA沖縄空港(株)、ザ・リッツ・カールトン東京、東武トップツアーズ(株)、日本郵便(株)、沖縄ツーリスト(株)、福岡県警察

名桜大学 国際学群 観光産業専攻の問合せ先

名桜大学 国際学群 観光産業専攻お問い合わせはこちらへ

〒905-8585 沖縄県名護市字為又1220-1
TEL:0980-51-1056

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。