名城大学

  • 4,887人が検討中

生物環境科学科

愛知

生物をとりまく環境問題を地球規模で捉え、生物と人と自然が調和した持続可能な社会の実現に貢献する人材を養成します

募集人数 110
初年度納入金 148.5 万円

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

名城大学 農学部 生物環境科学科の特長

生物をとりまく自然環境の保全・管理や生物による環境の調節・応答について学びます

野生動植物、里地里山、緑地環境に関心を持ち、生物多様性と生態系の保全、微生物・植物機能による環境調節や環境応答、環境汚染の低減や農耕林地における土壌管理、人や生物にとって快適な緑地環境の創造などについて、基礎から応用まで体系的に専門教育を行います。

生物環境科学の基礎から応用まで学ぶことのできる講義・実験・実習の幅広いカリキュラムを用意

人間と野生動物が共存できる環境を考える「環境動物学」、生態系における物質循環のしくみを理解する「物質循環論」、微生物の生態と応用を学ぶ「環境微生物学」、都市の公園緑地から地球環境までを研究する「ランドスケープ・デザイン学」などを通して、自然環境の多様性と機能およびその保全について学んでいきます。

未知の有害化学物質の環境分析、生体毒性評価を行っています

私たちの身の回りには、数十万種の化学物質が使用され、その中には人体に有害な化学物質も含まれています。化学物質の生成・分解メカニズムを考えながら未知の化学物質を探究していくのは地道な作業ですが、発見した時の喜びはひとしおです。学生には柔軟な発想で、探究心をもってチャレンジしてほしいです(大浦健先生)

農業に従事する人の暮らしを何よりも重視できる人間に

多彩な実習演習では、農業の専門知識はもちろん、物事を分析的に考える力を身につけることができました。就職先は一般企業と異なるだけに、お客様の生活を豊かにすることを第一に考えて行動できる職業人として活躍したいです。(愛知県経済農業協同組合連合会<JAあいち経済連>勤務・森田 健斗さん/2020年3月卒業生)

附属農場のほか、近隣の森林、水田、干潟などに、野外実習のための試験地を設けています

里山から奥山までの幅広い自然環境において、野生動物による被害、里山林や耕作地の管理放棄、都市での緑地消失やゴミ処理などの環境問題に取り組むための野外実習地を整備し、そこでの動植物や環境の調査を通して、学生の問題解決能力を育成することを目指しています。

国際競争力を養うため、海外の大学との交流事業にも力を入れています

オーストラリアに積極的に学生を派遣し、現地研修等を行っています。また、経済的にも学術的にも著しい進展を見せている中国やタイの大学と単位互換制度を含む長期の学術交流協定を締結しています。

名城大学 農学部 生物環境科学科の入試情報

名城大学 農学部 生物環境科学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:アイシン・エィ・ダブリュ、伊藤ハム、興和、三和化学研究所、JAあいち経済連、中部電力、雪印メグミルク、林野庁、愛知県庁、名古屋市役所

名城大学 農学部 生物環境科学科の問合せ先

名城大学 農学部 生物環境科学科お問い合わせはこちらへ

〒468-8502 名古屋市天白区塩釜口一丁目501番地
052-838-2018 (入学センター)
nyugaku@ccmails.meijo-u.ac.jp

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。