社会学科

東京・神奈川

好奇心のアンテナで、社会の中の見えない問題を追究する。人や社会の動きを「社会学」という学問で多角的に検証します

募集人数 265
初年度納入金 127.07 万円(2020年4月入学者)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

明治学院大学 社会学部 社会学科の特長

4年間少人数制。2年次から3つのコースで関心あるテーマを探求

入学前から始まる4年間の切れ目ない少人数教育。演習科目を通して、読む・聴く・調べる・書く力を身につけます。2年次からは【文化とメディアコース】【生命とアイデンティティコース】【環境とコミュニティコース】からコースを選択。3、4年次の研究テーマを選ぶため、柔軟なコース選択が可能です。

現場で活躍するプロから学び、自身で創造する「表現法演習」

社会学科では選択必修科目として「表現法演習」という科目を複数開講しています。専任の教員に加えて放送や出版に携わるプロの外部講師から映像・文章などの表現を学びます。評論、編集、映像作成などテーマに沿って実際に自分たちの手で作品を作りながら、表現の特性と論理を身につけます。

「あなたの学びたいことがきっとある」多彩な教授陣による講義科目と演習科目

本学の社会学科は、広範な研究分野をカバーする多彩な教員を擁する点で日本でも群を抜いています。社会学の論理的な視点と社会現象を深く理解するための実証的アプローチの双方において、バランスの取れた充実したカリキュラムを実現しています。また、演習(ゼミ)や実習の選択肢も豊富に用意されています。

少人数で行う顔の見える演習で生きた社会学を学ぶ

1年の「社会学基礎演習」から4年の「演習2」と「卒業論文」まで、段階を追って全学年でゼミを履修します。例えば、演習のテーマ “ビブリオバトル” “統計に騙されない” “雑誌のジェンダー文化を読み解く” “文章を批判的に読む”などで学んだ社会学の知識を試しながら柔軟な思考力と創造的な発想力を育成します。

「フィールドワーク主義」で現場を感じ調査の技と心を身につける

社会学の醍醐味は、実際の現場に出て「問題」を感じ、観察・質問を通して、これまでに学んだ知識を応用するところにあります。社会調査の知識だけでなく、技と心を身につけ、多角的なものの見方や倫理観を養います。こうした能力は、民間企業や公務員などで高く評価されています。

指定された科目の履修により「社会調査士」や教員免許の資格取得が可能

社会調査関連科目を履修すれば「社会調査士」資格が申請できます。官庁・自治体などが行う各種の統計調査、企業やNPOなどが行う市場調査等に必要な社会調査の知識や技術を身につけ、「調査の専門家」を養成するための資格です。また、社会教育士任用資格や教員免許(中学社会、高校地歴・公民)等も取得できます。

明治学院大学 社会学部 社会学科の入試情報

明治学院大学 社会学部 社会学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:日本航空、全日本空輸、星野リゾート、KDDI、東日本電信電話、ソフトバンク、東京瓦斯、エイベックス、マイナビ、博報堂プロダクツ、ファーストリテイリング、みずほフィナンシャルグループ、りそなグループ、横浜銀行、日本生命保険、住友生命保険、三井住友海上火災保険、損害保険ジャパン日本興亜、日本製鉄、神奈川県教育委員会、神奈川県社会福祉協議会、神奈川県庁、港区役所、横浜市役所、厚生労働省

明治学院大学 社会学部 社会学科の問合せ先

明治学院大学 社会学部 社会学科お問い合わせはこちらへ

〒108-8636 東京都港区白金台1-2-37
入学インフォメーション TEL03-5421-5151

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。