環境科学系

東京

情報分析力と実践力をもつ、環境保全のスペシャリストを育成!

初年度納入金 161.86 万円(入学金20万円を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

明星大学 理工学部 総合理工学科 環境科学系 の特長

理工系人材を幅広く育てるため、1学科5学系で横断型の体験教育を展開する

理工学に対する興味を高めていくため、1年生は導入科目として「理工実験実習」や「プロジェクト」など、学系横断的な実体験科目を数多く設置し、体験教育を通じて興味を高めると同時に、各専門分野の理解を深める。2年生からは、各学系の専門分野を実験実習やワークショップを通じて学ぶ。

情報分析力と実践力をもつ、環境についてのスペシャリストを育成

環境保全に必要な「調査・分析」や「情報処理」に対する知識はもちろんのこと、複雑多岐にわたる環境問題への対応に不可欠となる「創造力」、「コミュニケーション能力」、「プレゼンテーション能力」、「現場経験」などを体系的に学ぶことのできるカリキュラムを提供。

国家資格を目指した実践教育

日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定基準(平成22年度認定)に基づくカリキュラムを設定。専門教育課程は環境情報系と環境技術系に分かれ、それぞれが実験や実習、インターンシップなどの体験学習を重視。国際的な場で活躍できるように、英語によるコミュニケーション能力を高めるための授業も開講されている。

国際感覚を磨き、アジアを中心とした国々で活躍

地球環境問題への取り組みには、国際協力が不可欠。また環境ビジネスにおいても、国際的な舞台へと広がりを見せている。環境科学系ではアジアに焦点を当てた海外事情の学習などを行って国際感覚を磨き、特にアジアで活躍できる人材を育てる。

資源・廃棄物研究室

廃棄物(ごみ)は現在、「循環資源」と呼ばれ、日本は循環利用し廃棄量を最小化する循環型社会を目指している。研究室では、再利用が難しい廃棄物(焼却残渣、リサイクル残渣など)が埋め立て処分された際の安定化・環境影響や、リサイクル製品の環境中での長期安全性について研究している。

地球環境を守り、すべての生物と共生していくための知識と技術を備えた技術者を育成

「環境の世紀」といわれる21世紀。「大量生産・大量消費・大量廃棄」に支えられた現代社会を、どのように廃棄物の少ない循環型の社会に変えていくかが大きな課題とされている。学系の目標は、美しい地球環境を守り、すべての生物と共生していくための知識と技術を備え、環境保全に貢献できる技術者を育成することである。

明星大学 理工学部 総合理工学科 環境科学系の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:クボタ環境サービス、アース環境サービス、東京パワーテクノロジー、アジア航測、トーニチコンサルタント、イカリ消毒、東洋建設、日本空調サービス、大和ハウス工業、セブン‐イレブン・ジャパン、相模原市役所、横須賀市役所

明星大学 理工学部 総合理工学科 環境科学系の問合せ先

明星大学 理工学部 総合理工学科 環境科学系に関する
お問い合わせはこちらへ

〒191-8506 東京都日野市程久保2-1-1
TEL:042-591-5793(アドミッションセンター)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。