電気電子工学系

東京

日本をリードするエネルギーと情報の技術。それらの発展に貢献できる電気・電子のエンジニアを育成

初年度納入金 161.86 万円(入学金20万円を含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

明星大学 理工学部 総合理工学科 電気電子工学系 の特長

理工系人材を幅広く育てるために、1学科5学系で横断型の体験教育を展開する

理工学に対する興味を高めていくため、1年生は導入科目として「理工実験実習」や「プロジェクト」など、学系横断的な実体験科目を数多く設置し、体験教育を通じて興味を高めると同時に、各専門分野の理解を深める。2年生からは、各学系の専門分野を実験実習やワークショップを通じて学ぶ。

エネルギー・エレクトロニクス・情報・通信に関する基礎的な知識を幅広く学習

電気電子技術を駆使してより豊かな文明社会を築くことに貢献するエンジニアになるために、電気電子工学や情報通信工学の基礎となる電磁気学と電気回路学の学習に始まり、コンピュータ操作などの基本技能を修得しながら、電力システム、材料・物性とデバイス、情報と通信、制御などの理論と実際を学んでいく。

共通基礎と電気電子工学、情報通信工学系先端技術の3つの専門科目群

1年生で理工学の基礎を学び、2~3年生で電気電子工学などの基礎知識を学習し、それらを基盤として、電気工学、電子工学、バイオ・ナノエレクトロニクス、情報通信などの先端技術を修得。また電気主任技術者、電気工事士、電気通信主任技術者、電気通信の工事担任者などの資格取得に必要なカリキュラムとなっている。

電力・エネルギーシステムの運用計画技術

東日本大震災による国内のエネルギー危機から脱却するため、再生可能エネルギーの大量導入と安定運用が求められている。これに加えて世界共通の課題である地球温暖化の防止と、脱炭素社会の実現も同時に解決に導くような新たな電力システムの研究をしている。

エネルギー・エレクトロニクス・情報・通信の分野で活躍

エネルギー分野、情報分野に精通したエキスパートとして、エネルギー、エレクトロニクス、コンピュータ、情報通信業界などの分野でも活躍できる。また、中学校・高校の数学教育に関わったり、大学院で研究し、その先のキャリアを目指すこともできる。

クリーンルーム、高加速走査電子顕微鏡、シャシダイナモなど多種・多様なシミュレータを用意

私大でも有数の半導体用クリーンルーム、シャシダイナモをはじめ、世界でも数台しかないという高加速走査電子顕微鏡、他大学にはほとんどない数多くの先端的研究設備、コンピュータを用いて研究対象をシミュレーションするための多種・多様なシミュレータが豊富。こうした設備を活用しながら知識と技術を磨いていく。

明星大学 理工学部 総合理工学科 電気電子工学系の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:東日本旅客鉄道、東京地下鉄、関電工、弘電社、日本電設工業、協和エクシオ、関東電気保安協会、東光電気工事、大成設備、三菱電機ビルテクノサービス、NTTデータMSE、昭和アステック

明星大学 理工学部 総合理工学科 電気電子工学系の問合せ先

明星大学 理工学部 総合理工学科 電気電子工学系に関する
お問い合わせはこちらへ

〒191-8506 東京都日野市程久保2-1-1
TEL:042-591-5793(アドミッションセンター)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。