化学科

東京

物質の理解から豊かな社会の創造へ。基礎研究を重視しながら、さらに機能性の創出をめざした研究を展開。

募集人数 77
初年度納入金 179.15 万円(入学金含む)

※初年度納入金には、教材費など消費税のかかる金額が含まれる場合があります。 前年度実績で記載されている場合、含まれる税率が異なることがありますので、 正確な金額については各学校にご確認ください。

立教大学 理学部 化学科の特長

「なぜ?」を常に感じて自ら考え、化学的原因を解明する力を養う

「化学」をさまざまな領域で役立たせるためには、物質を変換する反応や新しい化学現象の原理を理解することが不可欠。なぜこの反応が起きるのか? なぜその物質は特別な機能をもっているのか? といった疑問の化学的原因を探究する姿勢を、研究・教育の理念としています。そこには、暗記や詰め込みの化学はありません。

教育の中心は学生実験。自らの体験によって、事実を把握し理解を深める

化学を学ぶには、物質に直接触れることが大切。少人数制という利点を生かして実験科目を1年次から配置しています。有機化学、無機化学、分析化学および物理化学の基本的な実験を行います。学生実験は、技術や操作法を学ぶだけではなく、自らの体験によって事実を把握し、それを論理的に理解する能力を開発する場です。

化学ゼミナール:教科書はなし! 仲間とテーマを決めて調査に挑む

少人数制ゼミで、深く知りたいテーマを自ら設定し、主体的に調査を進め、担当教員と相談しながら調査内容を深めていきます。最終的には化学科の教員および大学院生や卒業研究生に対して、口頭発表を行います。これにより、化学に関する興味を掘り起こし、自ら考える力、発表の能力などを養います。

化学の最前線:私たちの生活を豊かにする化学の最先端を学ぶ

化学科の各教員の専門分野における最新の研究内容および研究の「生の現場」を、各回の担当となる教員が、その背景や関連研究も含めてわかりやすく講義します。最新の研究内容を聞くことによって、研究とはどのようなものか、どのように進展していくかを理解します。

化学は実験なくしてあり得ない

化学は実験なくしてあり得ません。教授や、アシスタントとして参加する大学院生とともに、実験の目的、器具の使い方、結果の意味などを話し合いながら、実験を進めていきます。化学科の実験には、化学実験、生物学実験、物理学実験、基礎化学実験、地学総合実験などがあります。

立教大学 理学部 化学科の入試情報

立教大学 理学部 化学科の関連情報

就職率・卒業後の進路

主な就職先:東日本電信電話、日立システムズ、アクセンチュア、キヤノンマーケティングジャパン、東京都特別区、日立ソリューションズ、パナソニック システムソリューションズ ジャパン、エヌ・ティ・ティ・データ、シンプレクス、NECソリューションイノベータ、都築電気

立教大学 理学部 化学科の問合せ先

立教大学 理学部 化学科お問い合わせはこちらへ

〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
TEL03-3985-2660

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は スタディサプリ進路(大学基本情報)、
株式会社旺文社(大学入試情報)、河合塾(大学偏差値情報)より情報提供を受けております。
最新の内容については必ず各大学のホームページや募集要項などでご確認ください。